洗う

全て 動詞
3,123 の用例 (0.01 秒)
  • 西洋へ来ると猫が顔を洗うように簡単に行かんのでまことに面倒である。 夏目漱石『倫敦消息』より引用
  • 改札に行く人、改札から出て来る人の波が私たちの左右を洗って行った。 福永武彦『海市』より引用
  • また自分が、顔を洗わず不機嫌でいるところを見られたいと思うだろう! チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • こういう奴の集中を破ったりすると、血で血を洗う騒ぎになりかねない。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • すると女房は長いこと髪を洗わなかったので、その販売人を呼びました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 09』より引用
  • ひとつはうちにもって帰って洗わなければならないくらいよごれていた。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • 二人とも家庭環境や思想傾向はよく洗われていることでしょうからな。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 眼がれている感じは残っているが、けがれなく洗われたさわやかさがある。 吉村昭『法師蝉』より引用
  • 砂を洗ったり貴重な石英を粉砕している機械の音がどこででも聞こえた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 風呂場は体を洗うところなんだから、俺がやってきてもおかしくはない。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 角れてた大士教がさらに五人、反時間ほど前に奇士官の浦門に洗われた。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 尚平氏の死を私が知ったのは、翌朝目覚めてまだ顔も洗わない時だった。 田久保英夫『深い河』より引用
  • すこし面喰いながら風呂に入ると、男がきてしきりに体を洗ってくれる。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • けれども数ケ月の田舎暮らしで、私はすっかり心が洗われていたらしい。 林真理子『初夜』より引用
  • 私は手を洗ってからも、しばらくそこに立って窓から庭を眺めていた。 太宰治『帰去来』より引用
  • これから三人の身辺を洗うのだが残された時間は二十四時間と少しだ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 松雲は夜の引き明けに床を離れて、山から来る冷たい清水しみずに顔を洗った。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • しかし妻の汚れ物洗う私には、もう先刻のような不安のかげは消えていた。 外村繁『夢幻泡影』より引用
  • それは小用のためではなくて、顔や目を冷水で洗ってくるのに相違ない。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • そう思うと、石の間を流れる細流の曲りも靴を洗ってくれているようだ。 横光利一『夜の靴』より引用
  • 次へ »