洋画の大作

15 の用例 (0.00 秒)
  • 常に洋画の大作が上映されているが、松竹系の邦画が上映される時もある。
  • 常に洋画の大作・話題作が数多く上映されていた。
  • これ以降は洋画の大作・話題作のみならず、小規模系で封切られる映画も上映するようになる。
  • これらの映画館で上映されていた洋画の大作・話題作もTOKYU MILANO内の映画館で上映するようになり、番組編成のフリー化が進んでいく。
  • 開業当初から主に洋画の大作・話題作が多く上映されていたが、まれにスタジオジブリ作品などの大ヒットが予想される邦画を上映することもあった。
  • 上映される作品は主に洋画の大作・話題作がメインだが、アート系及び中規模系作品の上映や邦画のムーブオーバーも行っている。
  • 館名に『ピカデリー』と付いていることから、主に松竹・東急系の洋画の大作と邦画が多く上映されていたが、末期は東宝系の作品が多くなってきていた。
  • 主に丸の内ピカデリー系列の洋画の大作と邦画を上映している。
  • 東宝の洋画系で2番目に大きいチェーンマスターであるため、常に洋画の大作・話題作が封切られている。
  • 常に洋画の大作が上映されている。
  • 東京の丸の内ピカデリー1・2・3系の松竹東急系の洋画の大作と邦画が上映されていた。
  • 当初は洋画と邦画を交互に上映し続けてきたが、1960年代になってからは、東京の渋谷パンテオン/丸の内ルーブル系の、松竹東急系の洋画の大作を上映し続け、九州最大の映画館として現在に至っている。
  • 松竹東急系の洋画の大作が上映された。
  • 開館番組が『ジョルスン物語』だったように主に洋画の大作・話題作が上映されており、『バンビ』『ピノキオ』『ローマの休日』など数々のヒット作を輩出したが、1983年9月2日『はだしのゲン』の上映を最後に閉館している。
  • 東京の日本劇場系列のロードショー館として、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ、「トップガン」「ロジャー・ラビット」「トータル・リコール」「ターミネーター2」「スピード」「アルマゲドン」など洋画の大作・話題作を上映していた。

洋画の大作 の使われ方