泳ぐ

全て 動詞
2,688 の用例 (0.01 秒)
  • 矢張今でも土に腹這つて泳ぐ真似をした時のやうに馬鹿でゐるだらうか。 森林太郎『パアテル・セルギウス』より引用
  • 泳いでいたものは、急いでせいの立つところまで行って手を出しました。 宮沢賢治『風の又三郎』より引用
  • そう言うと奴は急に、変なふうに空中に泳ぐようにあがっていったんだ。 メルヴィル/高村勝治訳『白鯨(上)』より引用
  • まっすぐに五百メートル泳ぐことの出来る場所を、僕はほかに知らない。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • 家の前には川が流れていて、いとこたちと一緒に川で泳いだ覚えがある。 群ようこ『モモヨ、まだ九十歳』より引用
  • 泳いでいたものは急いでせいの立つところまで行って手を出しました。 宮沢賢治『風の又三郎』より引用
  • それでも彼は泳ぐことを中止せず、相変らず同一の方向をとって進んだ。 シュトルム/高橋義孝訳『みずうみ』より引用
  • だが海水浴客は、その先にある青い沖へ出て泳ぐことを禁止されている。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 斜面を泳ぐように上っていた男は、たしかにこの倒れた草と関連がある。 松本清張『火と汐』より引用
  • まるで存在しないかのように透明な水の中で、ゆらゆらと泳ぐ小魚たち。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • しかし春になって暖くなってからでも、みんなはもう泳ごうともしない。 安岡章太郎『花祭』より引用
  • こんな恐怖は、父に命じられて死者の満ちる川を泳がされて以来だった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 自宅で泳ぐというのは、かなり優雅ゆうがな趣味の一つに数えてもいいだろう。 赤川次郎『死体は眠らない』より引用
  • 彼は泳ぐのが余り得意ではなく、水に長く入っていることができなかった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 男も女も、生まれて来たままの姿で、何一つ身につけずに泳ぐのである。 なだいなだ『パパのおくりもの』より引用
  • 海に来たら泳ぐ以外の何もすることはないと言っても過言ではないわ。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • しかしイワナもヤマメも目で見えるところには一匹も泳いでいなかった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • のみならず河幅は相当のもので、馬が泳いで渡ることはできなかった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • しかし君等の言うように防波堤に魚が泳いでいるような様子はなかったな。 福永武彦『海市』より引用
  • お前が顔を紅潮させて困ったように目を泳がすことなんてないものな。 谷川流『涼宮ハルヒの消失』より引用
  • 次へ »