泣く

全て 動詞
6,388 の用例 (0.02 秒)
  • 彼は力なく其処に坐って傍に肩に波を打たせて泣いている女の方を見た。 田中貢太郎『陳宝祠』より引用
  • 三毛が殺されたらどうしようつて、泣き通しに泣いてゐるんぢやないか? 芥川竜之介『お富の貞操』より引用
  • 本当に泣いているように泣いているというのでは、これは俳優ではない。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • 吉左衛門は吉左衛門で、泣いているのか笑っているのかわからなかった。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 漁夫達はその時の彼の気持を考え、中には声をあげて泣いたものがいた。 小林多喜二『蟹工船』より引用
  • 僕は事件のあつた時父の背中で声を立てて泣いたことをおぼえてゐる。 斎藤茂吉『念珠集』より引用
  • そして、逢ってみると確かに三娘であるから声が出なくなるまで泣いた。 田中貢太郎『水莽草』より引用
  • 子供は二人が喧嘩でもするのかと思って、烈しく泣いたということです。 島崎藤村『藁草履』より引用
  • 心中でどれほど深く絶望してもすでに泣くことすらできなくなっていた。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 或る日何心なく私が奥の間に行くと、祖母は箪笥にすがって泣いていた。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • と云うようなことを云って泣いていたが、数日の後に死んでしまった。 田中貢太郎『前妻の怪異』より引用
  • けどもいましがたもう泣かないと約束したばかりだからそれをこらえる。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • 星の女はそれにつたはつて、泣いてゐる男の子のところへ下りて来ました。 鈴木三重吉『星の女』より引用
  • その後兼家がやつて來た時、その話をして泣いたことを窕子は繰返した。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • 泣く子のところには鬼が来るぞ、とは今も昔も変わらない親の言い分だ。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 警察に駈け込んで来た質屋の親仁おやじの禿頭は娘の顔を見ると泣いて喜んだ。 夢野久作『黒白ストーリー』より引用
  • 話しては泣き泣いては話し、甲一語乙一語いくら泣いても果てしがない。 伊藤左千夫『野菊の墓』より引用
  • 平岡に接近していた時分の代助は、人のために泣く事の好きな男であった。 夏目漱石『それから』より引用
  • 平岡に接近してゐた時分の代助は、ひとためく事のきな男であつた。 夏目漱石『それから』より引用
  • わかい女性に目の前で泣かれるのは、生まれてはじめての経験であった。 鮎川哲也『死者を笞打て』より引用
  • 次へ »

泣く で始まる単語