泣きたくなるくらい

17 の例文 (0.00 秒)
  • だれかが楽しみに待っていてくれる、それは泣きたくなるくらい嬉しいことです。 ...
  • しかし、それはいやになるくらい、泣きたくなるくらいに心地ここちよいことだった。 ...
  • でも、泣きたくなるくらい綺麗なものだって、たくさん、この世にはあった。 ...
  • 時々泣きたくなるくらいこういう時間に餓えていた。 ...
  • かたを寄せ合う友達がいなくて、いっそ泣きたくなるくらい冷たい風の中、たった一人で歩いているかもしれない。 ...
  • それは泣きたくなるくらいなさけない姿すがただった。
  • なんか泣きたくなるくらい。 ...
  • 泣きたくなるくらい懐かしい、鳶色の瞳が、うっすらと俺を見て微笑んでいた。 ...
  • 食品を爆発させた電子レンジの中の掃除そうじって、泣きたくなるくらい大変なものだから助かった。 ...
  • 昨日、家でのんびりと昼間からごろごろビデオを観ていたことが、泣きたくなるくらい懐かしい。 ...
  • 傷ってのはさー、どんなこといっても、やっぱり痛いし、泣きたくなるくらい、不幸なもんだよね。 ...
  • 連続洗車機に入ってくる車の列が途切れる瞬間を待って、大急ぎで食べたのだが、本当に泣きたくなるくらい美味かった。 ...
  • それも、泣きたくなるくらい下らないミスだ。 ...
  • 灰を撒くという、私にとってはまことにこの上もない名案と思えるはからいすらも、おそらくまず実現してもらえそうにないのかと思うと、実際ちょっと泣きたくなるくらいである。 ...
  • 泣きたくなるくらい安堵した。 ...
  • 優しい、泣きたくなるくらい優しい瞳だった。 ...