波間に漂う

28 の例文 (0.00 秒)
  • たちまち馬車は波間に漂う島のように荒れ狂う群集の上に押し出された。 ...
  • 卵は海水に触れるとすぐに孵化し、無数の幼生が雲のように波間に漂う。 ...
  • 彼を乗せている舟のように、日本丸は茫漠として波間に漂っている。 ...
  • 長めのスカートが波のように揺れ、波間に漂う龍涎香の塊が頭に浮かんだ。 ...
  • 「兄さーん、兄さーん」 弟は波間に漂う遺体を追って、甲板を走った。 ...
  • やや極端に言えば、自分をすり減らして、情報の波間に漂っているだけでは、何のために生きているかも分からなくなって当然です。 ...
  • 「近くに人が浮いているわ」 黄色い救命具をつけた人間が波間に漂っている。 ...
  • 近づいてみると、着物の裾から白い脚が二本と、両手がひろがって波間に漂っている。 ...
  • 不意に波間に漂う島は動かなくなった。 ...
  • それはまるで主のない捨小舟のように、ブカブカと波間に漂う一艘の汽艇だった。 ...
  • 波間に漂う微生物は分解をつづけ、体内の化合物を〈海〉へ返しつつあるのだ。 ...
  • ここに来るまでは、小さな氷塊が波間に漂う程度にしか、陽子は流氷を考えることができなかったのだ。 ...
  • 悠子は、波間に漂う漂着物の一つ一つに興味を抱き始めた。 ...
  • 私の頭には、波間に漂う宝船の姿が浮かんだ。 ...
  • 夏には体長数cmの幼体が浅い海で落ち葉のように擬態し、波間に漂う様が観察できる。 ...
  • 私は波打つ萱原のただ中に茫然と立って、まるで波間に漂っているかのように見えるモアイの群れを見つめた。 ...
  • スピードをゆるめ、波間に漂うようにして陸を見ると一台の小型車が細い道を辿たどって磯の岩場の近くに停めてあった。 ...
  • 次へ