泡を食う

18 の例文 (0.00 秒)
  • 突然目の前のドアがすべるように開き、ハルユキは泡を食って飛びのいた。 ...
  • 生きながらにしてミイラ化したその姿すがたを見れば誰だってあわを食う。 ...
  • 泡を食った兵たちはクラクションを鳴らして一刻も早く橋を渡ろうとする。 ...
  • その機動性は極めて高く、クロウもそのスピードには泡を食っていた。 ...
  • 娘や息子のことも忘れて、泡を食って真っ先に逃げ出してしまったのである。 ...
  • 犯人もはじめてのことだったのであわを食ったにちがいない。 ...
  • わっと泡を食った声がして、アスクを押さえつけていた男たちが離れる。 ...
  • スタッフが泡を食って資料室から引っ張り出してきたのだろう。 ...
  • まるで怪物かいぶつのような声だったが、それでも相手があわを食ってこちらに電話してきたことがよくわかった。 ...
  • 親方はそれを目にしたので泡を食って降りてきたのだ。 ...
  • その時、一階ではかわや付近から丁稚の正太しょうたが泡を食って飛び出してきた。 ...
  • しかし、デスパリットは思わぬ流の反撃に泡を食ったように見えた。 ...
  • そして、泡を食って鞄を取りに行ったに違いない彼女の、そのときの様子を想像してみることもできる。 ...
  • 先頭を切って走りはじめた上野に、元山も池谷も泡を食って続いた。 ...
  • 泡を食って鉄砲の筒先をクマに向けた時には、稜線の向こうへと姿を消していた。 ...
  • 技師たちが泡を食って飛びついてきたが、彼女は彼らに素っ気なく教えてやった。 ...
  • 突然の信じられない一報に泡を食った議員たちは思いおもいの音程で唄った。 ...