泡もり

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そのため、損益確定が早い一般酒に力を入れる動きが泡盛業界には多い。 ...
  • 翌日に残ることのないという島産の泡盛あわもり手頃てごろに体を暖め心持良かった。 ...
  • 泡盛は古くから沖縄で育った名酒で、糖業についでの大きな産業である。 ...
  • 明治以来の泡盛造りには、もちろん麹の十倍くらいの水を加えている。 ...
  • 沖縄県に存在しているコウジカビで古来泡盛の生産に使用されてきた。 ...
  • ここではそのような視点から、泡盛について思いついたことを述べてみたい。 ...
  • 時々、彼の同僚が訪ねて来ると、百歳はよく泡盛を出して振舞った。 ...
  • わが国の焼酎や泡盛なども広い意味の言葉でいえば、アラキの一種である。
  • 日本でも過去には栽培されており、古くは泡盛の原料であった。 ...
  • 米のみのものと区別する意味で純良泡盛と称する例もあった。 ...
  • 数人の客が来て既に泡盛あわもりの杯を上げていた。 ...
  • その男と話しているうちに、何かの拍子ひょうしから、話は琉球の泡盛あわもりのことに移った。 ...
  • 飲んで来た酒は主に泡盛で、生れが泡盛の産地の沖縄だからである。 ...
  • 泡盛屋でもこれを食べさせてくれるところがある。 ...
  • あるいは、押入れに並べた泡盛のかめから古酒を汲んで陶然と酔っている。 ...
  • そのせいかどうかわからないが、泡盛の酒造りにはこのほかにも他に見られない珍しい操作がある。 ...
  • それは、泡盛の消費を促進する目的で流行させられたモノである。 ...