法被

全て 名詞
402 の例文 (0.00 秒)
  • 二人は浴衣ゆかただったが、一人は入れ墨の身体の上に法被はつぴをひっかけていた。 ...
  • 中には法被を着用せずダボのみという町内も一部に存在するようになった。 ...
  • 法被はつぴを着た男や、しまの羽織に尻端折しりはしょりをして、靴をはいた男などがいた。 ...
  • 法被はつぴの男たちが博多の町に群れて、山笠の入りの夜に当たっていた。 ...
  • そのときに用いた大名籠や法被、奴の道具などは今も残っている。 ...
  • それぞれの会名は毎年変わるため法被なども新たに準備する。 ...
  • 舁き手の服装は博多では明治以降は水法被に締め込みと決められている。 ...
  • 八番山笠の舁き手は「上川端」と背に書かれた独自の水法被を着用する。 ...
  • 法被と袢纏の違いは服装の歴史から見てもあまりはっきりしない。 ...
  • 当番法被や水法被はそれぞれの町ごとに異なったデザインのものを着用する。 ...
  • 法被と同じように袖の着いたものが普通であるが、ベストのような袖なしのものもある。 ...
  • 小さな子供が法被はつぴのように白装束をまといつけているのは可愛かわいらしい。 ...
  • 当連合の名前が使用できなくなったため、二団体は法被の変更および道具の一新を行った。
  • マンションのちえ子の机の上には、法被はっぴ姿の祖父の写真がいつも飾られているのだ。 ...
  • 二作目のビデオで姫ノ木が祭りの法被を着るシーンがあるのだが、それを会の一人の男が見て驚いた。 ...
  • もっとも金は紺の法被はっぴにぴっちりしまった股引ももひきという職人の姿だった。 ...
  • が、その男は巡査でもなく探偵でもなく法被はっぴを着た警察の小使らしい男なのです。 ...
  • 次へ