法会

全て 名詞
404 の例文 (0.00 秒)
  • 法会の時の説教の際に用いられた諷誦文の原稿の断片と推定されている。 ...
  • それより七七四十九日にわたって、法会は盛大に続行されるわけであった。 ...
  • その名の通り菩薩僧は剃髪せず有髪の僧として国家のために法会を行った。 ...
  • 中世には総社勧請や寺院の法会での諸神招請に利用されていたとみられている。 ...
  • それはかなり大層なもので、上流の家の法会ほうえとしてあるべきものは皆用意させたのである。 ...
  • 今日の法会ほうえの縁を思うだけでも、もっとうちとけて親しくしてほしいものだ。
  • 母夫人も法会には来ていて、式をはなやかにする寄進などをした。 ...
  • 貞観三年三月における大仏開眼の法会は言語に絶する盛儀だったという。 ...
  • これは寺門側からの独自の僧綱ルートとなる法会創設の願いに応えたものである。 ...
  • 私はまた一つ法会をするように呼ばれている。
  • この時代の習いで法性寺の内に墓地はなかったが、法会は寺内で行なわれた。 ...
  • 後には僧尼の勧化に応じて仏事法会に様々な形で協力する人々を広く指すようになった。 ...
  • 四月廿二日は四十九日に相当するので、寺ではその法会を営んだ。 ...
  • また古くは法会の際に、盤渉調の曲として用いられていた。 ...
  • また、中世の寺院においては、法会・衆会の世話人を務める僧侶を指す例もある。 ...
  • 二条の邸で法会ほうえを行うときも、これが最後と紫の上は思う。 ...
  • 特に大きな法会は大会と称されることがある。 ...
  • 次へ