泌王

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 養女がそのような運命になろうとは知る由もなく、川島浪速が内蒙古の喀喇泌カラチ王と独立に関しての密約をかわしたのが、ちょうど孫文が桂太郎と後藤新平にチヤホヤされていたときで、複数の日本陸軍の青年将校らが中国服姿の行商人に変装、ラクダの隊商にまぎれてモンゴルに潜入したのだった。 ...
  • それから八年後の昭和十一年十一月、「蒙古人による蒙古建設」を叫ぶ喀喇泌カラチ王が、植田謙吉大将の関東軍におだてられて綏遠すいえんへ進軍する「綏遠事件」が突発した。 ...