泊まる

全て 動詞
1,515 の用例 (0.01 秒)
  • それには殺人のあった夜、あなたが彼の家に泊まると書かれていました。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • そのために千花が同じホテルに泊まる時も、必ず別の部屋をとらされた。 林真理子『野ばら』より引用
  • はじめて泊まった女客が黙って出て行っても分かりようがないのである。 松本清張『火と汐』より引用
  • 今日は、彼女と一緒にちゃんとしたホテルに泊まるつもりだったのだが。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 今日はこのまま智恵ちゃんの家に泊まっていくつもりなのかもしれない。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 家族の留守中に彼の家に泊まるという、してはいけないこともしました。 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • 息子が明石の両親の家に泊まることは、会ってすぐに聞いたではないか。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • ある日、その夜はこちらに泊まるつもりで、ぼくらはパリの部屋にいた。 プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用
  • 彼女が「佐忠」に泊まったのは、八十六年から八十八年前のことである。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 宿泊記録では泊まっていることになっていますが、名前だけのようです。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • 私は、その部屋で泊まってきましたがすぐにトリックはわかりましたよ。 荒巻義雄『「能登モーゼ伝説」殺人事件』より引用
  • 私たちの家族が泊まった部屋は、江戸時代に大名が泊まった部屋でした。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 客を招いたり子供の様子を見るときだけ小石川に泊まっていたのである。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 鍵を持っていないところを見ると、ここへ泊まっているのではなさそうだ。 赤川次郎『ひまつぶしの殺人』より引用
  • 彼はこう言いながら、昔彼女の泊まっていた部屋の窓のほうに目を向けた。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 相談しないで髪を切った事とか、広島に泊まった時の事を言ってたわ。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • いくあてがなくて、ここに泊まるのは、なにもきみがはじめてじゃない。 レマルク/山西英一訳『凱旋門(上)』より引用
  • ちょっとうちに用ができた、今夜はあっちで泊まるとだけいって切った。 石田衣良『池袋ウエストゲートパーク』より引用
  • その後で、娘の父親を俺のカジノのホテルに泊まらせることになってる。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • 他の士官たちは酋長しゆうちようや他の有力者たちの家に泊まることになっていた。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • 次へ »