況して

全て 副詞
116 の例文 (0.00 秒)
  • して海を隔てた土地から来ている人は乗って帰る船さえもなかった。 ...
  • 況して他の家へも大方は自から行かずして使を以て音問す可しと言う。 ...
  • してこの戦争では夫を或は子供を戦線に送った人々は皆手紙を書いています。 ...
  • 況して女連は杖を片手に一生懸命に下りて來るのが、可愛らしく見える。 ...
  • 況して今の人七百年の昔も知らねば七百年の昔いかでか今の世を推し量らん。 ...
  • して武陵桃源とも称すき土地などは、狭い山中にあり得可き筈がない。 ...
  • してたゞで死んだものならそれこそびた一文にだつてなりやしない。 ...
  • して其れで若干なにがしかの報酬をると云ふ事はほとんど不可能である。 ...
  • 況してお前のやうな中ぶらりんな馬鹿野郎が書くことが何になるのだ。 ...
  • 況して人間を獣と見てはならぬではないか。 ...
  • 況して古典文書だけに限定しないことを意味する。 ...
  • だが之は何も市電が悪いのでもなければ、況して市電従業員が悪いのでもない。 ...
  • してゴンクール氏は全力を尽して女の言葉を遮ろうとしているように見えた。 ...
  • して男と二人きりで、こんな部屋へ閉じこもろうとは夢にも考えないことだった。 ...
  • 況して全篇を通じて呼吸の一致を感じ通すことなどは殆んどない。 ...
  • して少しでも後暗い事のあるものは縮み上って、恐れ入るのが当然である。 ...
  • して寒巌枯木を主とする冬の季節は、特色を失った秩父を知る以外に用はない。 ...
  • 次へ