治世は多難を極め

22 の用例 (0.00 秒)
  • しかしこの頃には七日市藩邸が焼失するなど、治世は多難を極めた。
  • しかしその治世期に凶作が33度にわたって発生するなど、治世は多難を極めた。
  • その後は領内で洪水・旱魃が起こるなど治世は多難を極めた。
  • 家督継承後、薩摩藩は大洪水や大火などの災禍が相次ぎ、治世は多難を極めた。
  • 藩政に尽くしたが、弘化4年7月に大水害を受けて藩内が大きな被害を受けるなど、その治世は多難を極めた。
  • 藩主を継いだ年、江戸では元禄地震により藩邸が崩壊し、さらに4年後には、東海地方などに甚大な被害をもたらした宝永地震・宝永大噴火が起こって藩内が大被害を受けるなど、治世は多難を極めた。
  • 高丘の治世は、名君と呼ばれた祖父・高慶時代の末期から始まっていた社会不安などから領民の他国への逃散が相次ぐなど、その治世は多難を極めた。
  • しかしその年に水害が起こったのをはじめ、延宝8年にも大洪水と2度の大火が起こるなど、天災のために治世は多難を極めた。
  • 領内では領民による助郷反対一揆などが起こって治世は多難を極めた上、大坂定番を勤めていたときには大坂金庫から金を紛失したために処罰されるという有様であった。
  • 藩政においては窮乏の色が見え始めた藩財政を再建するため、積極的な内治政策に取り組もうとしたが、寛文2年に大地震・大津波が領内を襲って大被害を受け、さらに薩摩藩と領土の境界をめぐって争うなど、治世は多難を極めた。
  • 落雷で和歌山城の天守閣が焼失するなど、治世は多難を極めた。
  • 忠昌の治世は洪水・疫病・地震など何度も災厄に見舞われ、治世は多難を極めたが、忠昌と家臣団は見事な手腕を見せて藩政を安定化させ、それらを乗り切った。
  • しかし、国内の貴族勢力の統制に苦しみ、さらにノルマン人やヴァイキングの侵攻に苦しめられて、その治世は多難を極めた。
  • また、宗孝が藩主となった翌年には参勤交代に使用される大船・「波奈之丸」の建造費、さらには洪水・飢饉・疫病などの天災が起こり、その治世は多難を極めた。
  • ユスティヌス帝の時代、帝国はアンティオキアの大地震などの災害にみまわれ、対外的にはサーサーン朝ペルシア帝国からの侵攻に遭うなど、その治世は多難を極めた。
  • また、ハインリヒ10世の子・ハインリヒ獅子公とも皇帝の地位をめぐって争うなど、その治世は多難を極めた。
  • また、傲岸公とも神聖ローマ帝国の君主の地位をめぐって争うなど、その治世は多難を極めた。
  • 飢饉による財政難により、信房の治世は多難を極めた。
  • しかし天保13年には大多喜城天守閣の焼失、弘化3年閏5月の大洪水、さらに嘉永2年4月には幕府の日光祭礼奉行などの役職歴任による出費など、その治世は多難を極めている。
  • 藩政においては明暦元年に検地を行うなど藩政の基礎固めを行なったが、承応2年の城下町の火事、明暦3年の江戸大火による江戸藩邸焼失、寛文2年9月の領内大地震、寛文3年の旱魃など、治世は多難を極め、相次ぐ出費も重なって藩財政は破綻寸前となった。
  • 次へ »