河野博文

10 の用例 (0.00 秒)
  • メークドラマに向かって調子を上げたチームにあって同じ左投げの河野博文とともにリリーフの軸となった。
  • イチローは、日本ハム時代の河野博文とは何度か対戦経験があり、比較的得意としていた。
  • ただし、河野博文が登録名を「ゲンちゃん」で申請したことがある。
  • 投手陣は西崎、松浦宏明が最多勝、河野博文が防御率1位の活躍でチーム防御率も1位だった。
  • 特に駒大OBということで同大学からの獲得することが多く、白井一幸・河野博文・広瀬哲朗と駒大選手を3年連続でドラフト1位指名したこともあった。
  • 日本ハムの河野博文は、ケガによる一時的な任意引退選手公示を戦力外通告だと勘違いし失踪して騒動となったが、この騒動も一因となって、練習生制度廃止および支配下登録選手70人につながった。
  • 読売ジャイアンツは、1996年にマリオ・ブリトーをファーストネームの「マリオ」で登録し、河野博文の登録名は「ゲンちゃん」で申請したことがあるが、現在は原則として認めない方針をとっており、カツノリやサブローは巨人への移籍にあたって登録名を本名に戻している。
  • 同期には河野博文がいた。
  • 巨人は9回に起死回生のホームランで同点としたが、10回にイチローに対してこの年セ・リーグで最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いたがパ・リーグ在籍時94年・95年に通算36打数13安打2本塁打とイチローとの対戦成績は悪かった河野博文を当て痛打を浴びたことは敗戦以上の痛手を負うこととなった。
  • 河野博文、川口和久、宮本和知達とレフティーズを結成し恩師仰木が監督を務めるオリックスとの日本シリーズでも登板する。