河内将芳

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • なお、日本中世史の研究家である河内将芳は、祇園祭に立ちふさがったのは幕府でなく延暦寺の大衆であり、侍と町衆の対立としてのみ描いたストーリーに対しては疑問を呈している。
  • 河内将芳は「信長が本能寺に、信忠が妙覚寺に、それぞれいることが判明しなければ、光秀は襲撃を決行しなかっただろう」という見解を述べているが、同じ京都二条には明智屋敷もあり、動静は把握されていたと考えられる。 ...