沈黙を守り

158 の用例 (0.00 秒)
  • 沈黙を守ることが国民としての義務だといふ場合もあり得るのであります。 岸田国士『文芸の側衛的任務』より引用
  • だから沈黙を守って、あわれな若者が犠牲になるがままにしてしまった。 ハドスン/水嶋正路訳『ある羊飼いの一生』より引用
  • なによりも沈黙を守り続けることの方が、こちらにとっては苦痛なのだ。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • 私は沈黙を守っていたのですが佐藤君が発言して論駁してしまったんです。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • それにキャロルがなぜ沈黙を守っているのか、そのわけも知りたかった。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • このまま沈黙を守るつもりだったが、そんな我慢をすることはないだろう。 林真理子『野ばら』より引用
  • それまでずっと沈黙を守っていた彼の方を見て、祥子は急に口ごもった。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 活動停止直後は黒夢に対しての言及があったが、沈黙を守り続けていた。
  • 何か彼女に云いたいような気が絶えずしたけれど、僕は沈黙を守っていた。 ツルゲーネフ/米川正夫訳『片恋・ファウスト』より引用
  • 外部に知られたくない秘密を守って厳粛げんしゅくな沈黙を守っているかのようである。 横溝正史『死仮面』より引用
  • それでも一九八〇年代前半までは、中国政府も韓国政府も沈黙を守ってきた。 高橋哲哉『靖国問題』より引用
  • 今までも、あの不可解な震動については、妙に法水は沈黙を守っていた。 小栗虫太郎『オフェリヤ殺し』より引用
  • そうして僕の口をくべき機会が回ってきてもわざと沈黙を守った。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 父はつづけて声をかけてみたが、女は息を殺して沈黙を守っているらしかった。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • わたしが沈黙を守っているのは、成功がおぼつかないからではありません。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』より引用
  • だから、一瞬いやな顔をして沈黙を守った後、電話機の方に振り向いた。 ダイン/坂下昇訳『グリーン家殺人事件(上)』より引用
  • いまのいままで沈黙を守っていたブロージュ伯爵の言葉がそれに重なった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • しかしそれまで沈黙を守っていた彼は、突然とんでもないことをいう。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 船長は、或る出来事について沈黙を守っていなければならぬ義務があったのだ。 丘丘十郎『地球発狂事件』より引用
  • わたくしどもはご主人さまの秘密を守り、沈黙を守るのでございます。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 次へ »

沈黙を守り の使われ方