沈思黙考

全て 名詞
70 の例文 (0.00 秒)
  • 光秀はもう一刻以上も、その樫の樹の前で一人で沈思黙考を続けていた。 ...
  • 大きな膝が貧乏ゆるぎをしているのは、まさに沈思黙考というところらしい。 ...
  • 老人は「あんな家が実家か」と鼻で笑ってから沈思黙考ちんしもっこうをする。 ...
  • それきり沈思黙考とでもいうか、黙り込んで自分の世界に入り込んでしまった。
  • しばらくのあいだケオルの皇帝ジェダックは、立ったまま頭をたれて沈思黙考ちんしもっこうていであった。 ...
  • 電車の中では腕組をして沈思黙考していればすむが、机の上でも読まなければならない。 ...
  • 第一はその沈思黙考の時間が珍しく長引いたことです。 ...
  • ただ沈思黙考しながら、自分自身を説得するような調子で、それをすこしずつかじっているにすぎなかった。 ...
  • その顔だけに焦点を当てたとき、凛々しい表情で沈思黙考中と見做してやれないこともない。 ...
  • 三十秒ほどの沈思黙考ちんしもっこうの後、俺の記憶きおく該当がいとうする名前ではないと、改めて明確この上なしの確信を持てた。 ...
  • 彼はその日終日室内に籠もって沈思黙考した。 ...
  • 正は沈思黙考の末、「はい、僕待っています」と返事をした。
  • 机に向って沈思黙考することなど殆んどない。 ...
  • 不安げな表情で、沈思黙考を続けていた。 ...
  • しばらくは、どっちからも口を開かずに、沈思黙考、天井板と相談をしているというふうである。 ...
  • 一見、何でもなさそうだけれど、ぼんやりとどこかの一点を見詰めていたり、沈思黙考というよりはうつろな目をしている人が増えた気がする。 ...
  • ここはおほいにかんがふべきところだと沈思黙考ちんしもくかう結果けつくわ三五教あななひけう帰順きじゆんすることにめたのでござります。
  • 次へ