沈思黙考

123 の用例 (0.00 秒)
  • 光秀はもう一刻以上も、その樫の樹の前で一人で沈思黙考を続けていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 強さと言っても活動的な強さではなくて、沈思黙考しているような強さであった。 ディケンズ・チャールズ『二都物語』より引用
  • どうも状況はよくないようだが、寝室で沈思黙考していてもはじまらない。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • わたしは時間をかけて沈思黙考しているのが好きな性質たちなのだ。 バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』より引用
  • それよりも重要なことがあるような気がして、俺は沈思黙考ちんしもっこうする。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 博士がはじかれたように椅子をったのは、沈思黙考の三十分が過ぎてからだった。 松本清張『黒の様式』より引用
  • それきり沈思黙考とでもいうか、黙り込んで自分の世界に入り込んでしまった。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • しばらくのあいだケオルの皇帝ジェダックは、立ったまま頭をたれて沈思黙考ちんしもっこうていであった。 バローズ『火星シリーズ03 火星の大元帥カーター』より引用
  • 試問について沈思黙考しているはずの言継が、いつの間にか背後に立っていた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 大きな膝が貧乏ゆるぎをしているのは、まさに沈思黙考というところらしい。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 彼はそこで3日間、インドの過去、現在、未来について沈思黙考する。
  • そこで私はしばし沈思黙考して、次にはっきりした声で、即吟いたしました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • そんな空々の、沈思黙考している様子をそんな風に受け取ったのか、鋼矢は言う。 西尾維新『悲惨伝』より引用
  • 宗介はすこしの間、沈思黙考ちんしもっこうしていたが、やがてぴしりと背筋せすじばして答えた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集07 安心できない七つ道具?』より引用
  • 電車の中では腕組をして沈思黙考していればすむが、机の上でも読まなければならない。 福永武彦『第四随筆集 夢のように』より引用
  • 老人は「あんな家が実家か」と鼻で笑ってから沈思黙考ちんしもっこうをする。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 03 死の礎は生』より引用
  • 僕は一分ほど沈思黙考ちんしもっこうしてから、その砂山を自ら崩して、元通りにならした。 西尾維新『暦物語』より引用
  • 三十秒ほどの沈思黙考ちんしもっこうの後、俺の記憶きおく該当がいとうする名前ではないと、改めて明確この上なしの確信を持てた。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(前)』より引用
  • 彼はしばらくの間、沈思黙考しているように見えた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • ただ沈思黙考しながら、自分自身を説得するような調子で、それをすこしずつかじっているにすぎなかった。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(下)』より引用
  • 次へ »