沈んで行つ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 金屏風の前のそんな情景を遠くに見ながら、教授は瞑想に沈んで行つた。 ...
  • それを見ると、逸子の気持は急に暗い処に引き込まれるやうに沈んで行つた。 ...
  • 同時に又理智の光を浴びた人生の歓びや悲しみは彼の目の下へ沈んで行つた。 ...
  • が、さういふ空さうの明るさとは反対はんたい氕持きもちめうくらしづんでつた。 ...
  • しやぶり終つてから骨を遠くへはふると、水音がし、骨は湖に沈んで行つた。 ...
  • 明るい興奮は次第に暗い失望へと沈んで行つた。 ...
  • 彼女はまるで男が全く彼女から離れたやうに思ひ、そして男の持つた違つた世界を見た彼女はとりつく島もないやうな絶望の淵に沈んで行つた。 ...
  • 悲しいとも懐しいとも知れぬ心に、深く郎女は沈んで行つた。 ...
  • 悲しさとも、懷しみとも知れぬ心に、深く、郎女は沈んで行つた。 ...
  • 悲しさとも、懐しみとも知れぬ心に、深く、郎女は沈んで行つた。 ...
  • たゞ彼は、戦争の跫音あしおとと共に、日本的な諦観へぐんぐん落ちこみ、沈んで行つた。 ...
  • 竿から外された片腕は黙つて沈んで行つた。
  • 酒の酔ひがまはるにつれ、富岡もゆき子も、自然にものがなしく心が奈落に沈んで行つた。 ...
  • しかも尚、四天王寺には、古くは、日想観往生と謂はれる風習があつて、多くの篤信者の魂が、西方の波にあくがれて海深く沈んで行つたのであつた。 ...
  • しかも尚、四天王寺には、古くは、日想觀往生と謂はれる風習があつて、多くの篤信者の魂が、西方の波にあくがれて海深く沈んで行つたのであつた。 ...
  • さつきまでわたくしの乗つてゐた船は、遙か下の方で、忽然三度か四度か荒々しい廻転を致しまして、真逆様に混沌たるしぶきの中へ沈んで行つてしまひました。 ...