決裁権

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 仮に、捜査費であると認められたとして、誰にそんな大金の決裁権があるのだろう。 ...
  • 議長の表決権と決裁権の関係については学説に対立がある。 ...
  • しかし、各銀行のシステムはその銀行の業務体系に従って構築されたそれぞれ独自のものであり、他行のシステムをベースに修正したシステムには元の銀行の運用・経営処理に合わせる面が残るため、現場での必要な作業フローや権限・決裁権などを無視したものになるという批判もある。 ...
  • この軍団の最後の決裁権は、孫権が握っている。 ...
  • やがて頼家は将軍としての決裁権を取り上げられ、北条を中心とする十三人の合議制が幕政を運営することとなる。 ...
  • 迅速で、独自の決裁権の行使が有り、日本国の内外で発生する、さまざまな危機に対応する。 ...
  • 議長決裁権の本質については、議事整理権のある者には表決権とは別に決裁権が認められているとする説と議長決裁権とは議長の表決権にほかならないとみる説がある。 ...
  • フランスに帰国するたびに国王の側近大臣に情報を伝え、米英の分断政策を展開するように進言したが、いくら大臣とはいえ、決裁権を持たない人間相手では一向に埒が明かなかった。 ...
  • しかし、組織が拡大したことで麻原の負担が重くなり、決裁権や人事権を教団幹部に委譲するために省庁制が導入された。 ...
  • 本業での企業内決裁権を持つものが創設メンバーに多く、主に彼らによって法人アライアンスが行われ2011年以降は一般個人を対象とした音楽活動だけではなく、法人をターゲットに包括。 ...
  • したがって、管理規則に基づいて行われる職員の校務分掌は、校長に代わって行われているものであり、校務の決裁権は校長にある。 ...
  • まず、稟議を起案する本人、そしてその上席の上司、最終的には決裁権を持つ者の印鑑をもらうことによって決裁とするのである。 ...
  • 関白の職権そのものには決裁権がなく、あくまでも最高決裁権者である天皇の後見的存在であった。 ...
  • 国会の議長が決裁権を行使したのは参議院史上初めてであり、国会史上では1907年以来68年ぶりのことであった。 ...
  • しかし垂簾聴政を終わらせた1476年からは、元老大臣が国政の重要な決定に参加する院相制度を廃止して決裁権を取り戻し、1482年には廃妃尹氏を支持していた任士洪を筆頭とした功臣勢力を左遷させる一方、新進勢力を果敢に登用することで士林勢力の政治的基盤を作った。 ...