決勝まで進むものの

17 の例文 (0.00 秒)
  • 無差別では決勝まで進むものの、山下泰裕に送襟絞で敗れたが銀メダルを獲得した。 ...
  • 世界選手権では決勝まで進むものの、柏崎克彦に横四方固で敗れたが銀メダルを獲得した。
  • 翌年に地元で開催されたロサンゼルスオリンピックでは決勝まで進むものの、オーストリアのペーター・ザイゼンバッハー に内股で敗れたが銀メダルを獲得した。
  • 正力国際では決勝まで進むものの、東海大学の田所勇二に敗れて2位にとどまった。 ...
  • その後北京オリンピックでは70kg級に出場して決勝まで進むものの、日本の上野雅恵に開始46秒の朽木倒で敗れたが銀メダルを獲得した。 ...
  • 地元ウクライナのキエフで開催された世界カデでは決勝まで進むものの、日本の朝比奈沙羅に払巻込からの袈裟固で敗れた。
  • 優勝大会の準決勝で国士舘大学と対戦すると、かつてのチームメイトである70kg級の池と引き分けるがチームは勝利して決勝まで進むものの、山梨学院大学との対戦では70kg級の新添左季に合技で敗れてチームは2位にとどまった。 ...
  • 世界選手権では決勝まで進むものの、日本の田村亮子に1-2の判定で惜敗したが銀メダルを獲得した。 ...
  • 世界選手権では決勝まで進むものの、京都産業大学教員で今大会3連覇のかかっていた藤猪省太に背負投で技ありを取られて2位に終わった。 ...
  • その後、1988年には階級を86kg級に上げると、1988年ソウルオリンピックでは決勝まで進むものの、オーストリアのペーター・ザイゼンバッハーに判定で敗れたが銀メダルを獲得した。 ...
  • その後、階級を73kg級に変更して、2010年の世界柔道選手権大会では決勝まで進むものの、日本の秋本啓之に崩袈裟固で敗れて2位に終わった。
  • 翌年の1996年アトランタオリンピックではドイツのフランク・モラーやトルコのセリム・タタログルなどの有力選手を破って決勝まで進むものの、またもやドゥイエに内股で敗れたが銀メダルを獲得した。
  • 新田高校2年の時には新人体重別65kg級で決勝まで進むものの、同じ高校2年である東海大第五高校の中村行成に効果で敗れた。 ...
  • 講道館杯で3位になると、続くグランドスラム・東京では決勝まで進むものの、世界チャンピオンであるフォーリーフジャパンの松本薫にGSに入ってからの横四方固で敗れたが2位となった。 ...
  • 土浦日大高校1年の時には全国高校選手権で決勝まで進むものの、福岡工大付属高校2年の田村亮子に0-3の判定で敗れた。 ...
  • 続いて優勝候補筆頭として臨んだ全日本選手権では準決勝で旭化成の西潟健太を送足払で破るなど全て一本勝ちし決勝まで進むものの、東海大学4年の王子谷剛志に大外刈で敗れて2位に終わった。 ...