決め

全て 動詞
37,469 の用例 (0.01 秒)
  • がその動作はかえって彼女に発射の決心を決めさせはすまいかと恐れた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • おみつにあんなことがあったもんだから大慌てで決めちまったんですよ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • それが聞かれねば一切小説と新聞紙を読まぬ事に決めたらどうでしょう。 与謝野晶子『産屋物語』より引用
  • 「決められたとおりにしないとだめだよ」と天吾はそのたびに注意した。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 二人の名前のどちらを先にして社名とするかは、コインを投げて決めた。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • まだまだいろいろ経験してから考えを決めいと思ってるんですもの。 岡本かの子『現代若き女性気質集』より引用
  • 窪田さんは山崎のお母さんの家にして、日と時間を決めて帰って行った。 小林多喜二『母たち』より引用
  • そうするとあなたはおれでは決められんから船長へといわれるのでしょう。 葉山嘉樹『海に生くる人々』より引用
  • 偶然とか、単純な一致とか何の動機もない自白などで決めてはならない。 中井正一『探偵小説の芸術性』より引用
  • 極東裁判によって天皇が戦争に責任ないということを決められました。 宮本百合子『ファシズムは生きている』より引用
  • 俺も手紙を書きに行ったときは、必ず何か落書してくることに決めていた。 小林多喜二『独房』より引用
  • こうした不安も一因となって、私は思いきった手段に出ることに決めた。 メルヴィル/柴田元幸訳『書写人バートルビー』より引用
  • しかし、奥さんと御相談なさらずにお決めになつてもよろしいのですか? 高田保『貸家を探す話』より引用
  • 北東の一帯は東の院の花散里、西北は明石あかし夫人と決めて作られてあった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 私は、ホステスの取材協力者は一店に一人しか置かないと決めていた。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 何人なにじんが適当かいろいろ考えて、理論的・統計的に決めたと言っていた。 丸谷才一『年の残り 他』より引用
  • この人こそ世の中に少ない真実の男性と見て生涯をも決めて歩いて来たのである。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 宮殿の上には一人の醜い形をした王がいて、つくえよりかかって罪を決めていた。 田中貢太郎『続黄梁』より引用
  • しかし、議会は私を自由にすることに決め、ついに皇帝の許可も出ました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 今度のものはそれを未然に防ぐために、筋をすっかり決めてしまったのだ。 海野十三『海野十三敗戦日記』より引用
  • 次へ »