決まる

全て 動詞
4,027 の用例 (0.01 秒)
  • すると毎日決まったようにそのなかへはいって出られないやつができた。 梶井基次郎『冬の蠅』より引用
  • 今夜の予定はおそらく彼女の中でしっかりと決まっているにちがいない。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • 教室へ入ってくる者は決まって驚いたように天井を見上げ、何か言った。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 知識製造業の製品の特徴はどれだけ製品が知識化されているかで決まる。 野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』より引用
  • ですけどね、どうして彼の次に台所へ立つのがあなただと決まっていて? 中井英夫『虚無への供物』より引用
  • 途中で全員に決まった座席を確保するのをあきらめざるをえなくなった。 山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』より引用
  • いったん戦争になれば秒単位でことが決まることはだれもが知っている。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『01 大宇宙を継ぐ者』より引用
  • 入口に近い方に男の子、その奥が女の子というところはすぐに決まった。 池澤夏樹『キップをなくして』より引用
  • 彼の運命はそれで決まったかに思えたが、思いもかけない力に救われた。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 藩主遊興のことを口にしたときから、その覚悟は決まっていたのである。 藤沢周平『隠し剣孤影抄』より引用
  • 私をそうやっておいて、どこかのお嬢さんと結婚するに決まっているわ。 徳田秋声『縮図』より引用
  • お姉ちゃんの行く大学が決まったらね、とも決して口にしてもいけない。 柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』より引用
  • いったい人を導く者は導くだけの力がなければならぬに決まっています。 末弘厳太郎『役人の頭』より引用
  • あと二時間もしたら出なければならないのに、着ていく服が決まらない。 電車男『hermes』より引用
  • それが息子が生まれる前からの決まりごとのように信じて疑わない人だ。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • お信にすがりつかれてしまって、ようやくに心が決まったといってよい。 池波正太郎『剣客商売 18 番外編 黒白 下』より引用
  • だけど、なぜそうに決まってるんだといわれると、うまく答えられない。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • 目的地の変更へんこうが決まってから二時間がぎたころ、宗介が彼女にたずねた。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • 考えた風を見せたということで、勝負は決まってしまったのかもしれない。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 朝上履きがなかったのも、俺達の前に誰かが隠したからに決まってるさ! 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • 次へ »