決して

全て 副詞
44,686 の用例 (0.02 秒)
  • この批評家は決して神泉氏に対して皮肉な意味で言つてゐるのではない。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-19』より引用
  • 俺も出来るだけ分担してやるけれどお前自身決して逃れてはならないぞ。 岡本かの子『雛妓』より引用
  • この三人は決してこの会の代表的作家といふ意味で言つてゐるのではない。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-19』より引用
  • 一日の仕事を終え帰路につきつつある彼女等は決して急ごうとはしない。 飯田蛇笏『茸をたずねる』より引用
  • しかもわしは決して其処へ帰る事の出来ない運命を負つてゐるのである。 ゴーチェ・テオフィル『クラリモンド』より引用
  • わたくしの父にかぎりまして、決してそんなことはない筈でござります。 岡本綺堂『権三と助十』より引用
  • つまりはわたくしの子供も同じことですから、決して遠慮はありません。 岡本綺堂『人狼』より引用
  • おとよさんは決して清さんといっしょになって歩くようなことはないのだ。 伊藤左千夫『隣の嫁』より引用
  • この二日で土の色は忘れてしまってどこへ倒れても決してよごれない。 板倉勝宣『五色温泉スキー日記』より引用
  • けれどそれは決してそうして放って置いてもいいことではなかった。 伊藤野枝『転機』より引用
  • しかし、さようなことで文麻呂様を決して非難なされてはいけませぬぞ。 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • しかしそのピストルは、決してわたくしが使ったものではございません。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • しかしわが大阪の空気は炭坑に比べて決してよいと言うことは出来ませぬ。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • いくら抑えてもただ抑えているというだけで、決して思いは消えない。 伊藤左千夫『春の潮』より引用
  • 海の中のは決して花を持たないし、決して葉にたとへるやうなものもない。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 人間が二人以上、生存して居る間には、決してかゝる社会は出て来ない。 尾崎放哉『俺の記』より引用
  • 少くとも彼は現在の彼も決して数年以前の彼と変らないことを信じてゐた。 芥川竜之介『或社会主義者』より引用
  • 坪内君がいなかったら早稲田は決して今日の隆盛を見なかったであろう。 内田魯庵『明治の文学の開拓者』より引用
  • あなたはわたしの様子を見ているだけで、決してわたしを見てはいなかった。 植松真人『逢瀬までの。』より引用
  • お民さんは決してあなたに叱られたとて悔しがるような人ではありません。 伊藤左千夫『野菊の墓』より引用
  • 次へ »