汲桶

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 次郎はしかし、それには頓着せず、上酒の甕の蓋をとって、汲桶の水をその中にざあざあ流しこんだ。 ...
  • ところが、次郎がだしぬけに「酒はいくらでもあるんだ」と叫んで、汲桶ためをさげて井戸端の方に走って行ったのを見ると、さすがにちょっと驚いたふうでもあったが、そのまま腰を落ちつけてしまい、それからは、横目でじろじろ店の方を睨んだり、何かひとりでうなずいたりするだけだった。 ...