汲む

全て 動詞
1,758 の用例 (0.01 秒)
  • 一時間前に、うちのやつが水を汲んだときにはなんでもなかったんです。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • 駅の近くから水を汲んで、集落に運んでいる女や子供たちの姿が見える。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • 本シリーズの流れを汲むでぼの巣製作所製作のシリーズも本項目で扱う。
  • つまりこの泉からみな都へと水を汲んでゆくならわしになっていたのです。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(上)』より引用
  • 美しい女が井戸で水を汲んでいたので、水をわけてもらって船に戻った。
  • そしてそのあとではっきり汲みとれなかった点をいくつか問いただした。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『14 犯罪王レインボー』より引用
  • また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。
  • あなたは今ここへ水を汲みに来ていた、十五六の娘が御好きでしょう。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • 川の水をんでは掛けていたため、みな水からあがったようにれていた。 岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』より引用
  • しかし何時の世になっても皆が改めて汲みに来るだろうと思う泉が一つある。 永六輔『役者その世界』より引用
  • 作者は不明であるが、タルノヴォ派の流れを汲む人物と考えられている。
  • 知っているから逃げたいのだが、そんなことをんでくれる相手ではない。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 本シリーズの流れを汲むメタルサーガシリーズも部分的に本項目で扱う。
  • その五十四人の中に、村田の意を汲んで、偽証している男はいないのか。 津村秀介『大阪経由17時10分の死者』より引用
  • 館は十ほどあったが、その中で一番大きな館の中で酒がみ交されていた。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • ハマーの水汲み水車はその現存する例であり、今も実際に使われている。
  • しかしこの疲れた足で金性水を汲みに行くのは容易な事ではない。 押川春浪『本州横断 癇癪徒歩旅行』より引用
  • 水の駅は福岡県大野城市の柏葉食健株式会社が展開する水汲み場である。
  • 特に大寒に汲まれた水は「寒の水」といわれ、貴重なものとされている。
  • さむらいの流れをむ者なら、少なくとも武芸のいくらかは身につけていよう。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 次へ »