汚れ

全て 動詞 名詞
11,825 の用例 (0.03 秒)
  • 彼が庭に埋めておいた木箱からは、黒い水に汚れた茶碗や皿が出て来た。 原民喜『氷花』より引用
  • 主の御心はやつの汚れた手に毒の方しか取らせなかったはずですから。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • しかしさまざまの汚れた心の働きの中でも私たちは愛を知っています。 倉田百三『出家とその弟子』より引用
  • お前の汚れた手の指は、僕の身体に一本でも触れることはできないのだ。 原口統三『二十歳のエチュード』より引用
  • テーブルの上にはなにもなく、汚れた部分もなしにすっきりとしていた。 片岡義男『夏と少年の短篇』より引用
  • 汚れを知らない少女時代を、あたしたちそこでいっしょにすごしたのよ。 フィッツジェラルド/大貫三郎訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • しからば地獄の空気が当然どんなに汚れているかを考えてごらんなさい。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • 声のする方にふりむくと、すぐ鼻さきに、中国少年の汚れた顔があった。 海野十三『太平洋魔城』より引用
  • あなたの呼吸使いきづかいの中に汚れのない自然を感ずることが出来るのです。 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • 眼がれている感じは残っているが、けがれなく洗われたさわやかさがある。 吉村昭『法師蝉』より引用
  • その大きく開いたロからのぞく歯は、黄色によごれて半分も残ってはいない。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • オットーは、肘掛けをつかんだ男の手が血で汚れていることに気づいた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』より引用
  • 汚れのついたものは病気に取りつかれ死の刻印を押されたようなものだ。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • ろうすすよごれた石天井いしてんじょうに、見覚えのある何重もの魔法円まほうえんえがかれていた。 三田誠『レンタルマギカ 第02巻 魔法使いVS錬金術師!』より引用
  • 土や灰ですっかり汚れてしまった私の姿を見て、彼女は心配そうに訊いた。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • 彼の汚れた秘密の罪に向って、神の怒りのすべてが向けられたのだ。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • 紙燭を取り上げたとき、すでに彼女の指は汚れてゐたのではなかつたのか。 神西清『垂水』より引用
  • 七ヵ月前には、新しく堂々と見えた十階建のビルは、ひどく汚れていた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • しかし妻の汚れ物洗う私には、もう先刻のような不安のかげは消えていた。 外村繁『夢幻泡影』より引用
  • 世の中には卑しい、汚れた恋をするお嬢さんがいくらあるか知れません。 倉田百三『出家とその弟子』より引用
  • 次へ »

汚れ で始まる単語