汚らしい音

9 の用例 (0.00 秒)
  • この行為の際、汚らしい音を伴うので、日本では人前で行うことはマナー違反とされる。
  • 淫裂からは俺の精液がこぼれだし、ぐじゅぐじゅと汚らしい音をたてる。 奈須きのこ『歌月十夜 08 タナトスの花』より引用
  • 浅倉の口からごぼごぼという汚らしい音が漏れた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 結子はかつて二、三度寝たことのある、少し年上の男が、お茶やコーヒーを飲むたびにずるずると汚らしい音をたてていたことを思いだした。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • 油状の塊は汚らしい音を立ててそれに応えた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 汚らしい音を立てて間宮は茶を啜った。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • と、汚らしい音をたてて緑色のつばを吐いた。 伊豆平成『PATRONE1 護民官ルフィ&ワイリー』より引用
  • ぶちゅぶちゅと、詠子の唇が汚らしい音を立てた。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン チョコ編』より引用
  • 指が、髪が、眼球が、ふくらはぎが、上腕のふくふくとしたあたりが、突起のあまりない平面な型のかわいらしい乳首が、ロメロ再殺部隊唯一の娯楽である週末のキャンプファイアーの中で、汚らしい音を立てて燃えて崩れて朽ちていく。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用