汎用os

24 の例文 (0.00 秒)
  • 汎用OSではユーザープログラムが割り込みをマスクすることはできないのが一般的である。 ...
  • 汎用OSのように、タスクの消費時間により優先度を変化させることは通常おこなわない。 ...
  • 他の多くの汎用OSにも移植されている。 ...
  • 日本の携帯電話のOSには長くリアルタイムOSのTRONシリーズが採用されてきたが、高機能化に伴い、汎用OSが採用されるようになった。 ...
  • インターネットの普及に伴い、制御システムの機器も汎用で標準的なプロトコルを用いて制御用データを送受信するようになり、システムにもWindows やUNIXなどの汎用OSが利用されるようになっている。 ...
  • RTOSの動的メモリアロケーションは、汎用OSよりも要求される条件が厳しい。 ...
  • 汎用OSであるMULTOSは、発行スキームを通じて統一された規定があるため、様々なチップベンダーから提供される異なるバージョンのチップであっても、同じアプリケーションを搭載することができる。 ...
  • メインRAMは64KBとなり、CP/Mなどの汎用OSも標準で動作するようになった。 ...
  • これらのOS上では本来のワープロ機能用のFEPや漢字ROMを利用することもでき、ワープロ機能と汎用OSとの間をウォームブートで自由に往来できるまでにハッキングされた。 ...
  • なお、拡張ボックスの使用により64Kに拡張してFDDを増設すれば、CP/Mなどの汎用OSを動作させることも可能である。 ...
  • EABIと汎用OS向けABIとの主な違いは、アプリケーションのコードでも特権命令の使用が許されている点、ダイナミックリンクが要求されない点、メモリを節約するためスタックフレームをなるべくコンパクトに構成している点が挙げられる。 ...
  • しかしその後、サーバにはWindows NT ServerやUNIXのような汎用OSを使い、クライアントOSにはネットワーク機能が標準装備されるのが一般的になった。 ...
  • HX5にはKVMをベースとしたハイパーバイザーが組み込まれており、WindowsやLinuxなどの汎用OSを利用可能である。 ...
  • 汎用OSなど、開発環境と同じ環境で目的プログラムも動作させるような開発を「セルフ開発」と言い、セルフ開発のコンパイラを「セルフコンパイラ」という。 ...
  • そこでMicrosoftは、汎用OS・Windowsのアーキテクチャで開発することでソフトウェアとハードウェアの結びつきを弱め、ソフトウェア部分の開発及びソフトウェア資産の再利用を容易化し、ひいてはWindowsの利用拡大を目論んだのである。 ...
  • この機能統合の成功により、XPはNTの安定性・堅牢性と9x系のマルチメディア機能や使いやすさを併せ持った汎用OSとなった。 ...
  • 非互換性が問題となったことは、市販ソフトウエアのコピープロテクトやCP/Mなどの汎用OSの移植などごく限定的である。 ...
  • 次へ