汎用部品

28 の例文 (0.00 秒)
  • これまでの二つが当初から特定の機器の部品として開発されたのに対し、8080はいろいろな機器に使える汎用部品を目指して作られた。 ...
  • エンジンに限らず、小型車用の汎用部品を多用して開発期間の短縮が図られた。 ...
  • 汎用部品の多用とともに、モジュールの交換によるメンテナンスが可能となった。 ...
  • ただし、これらは開発時に意識したという訳では無く、当時のゲームパソコンで低価格を実現するためにチップなどの汎用部品を採用した結果ほとんど同じような構成になったという。 ...
  • 室内灯・通風器はバス用汎用部品の流用であった。 ...
  • 冷暖房装置やドアエンジン等にはバス用の汎用部品を活用し、さらに徹底した部品点数の削減を行っている。 ...
  • ただし、汎用部品等はこの限りでは無く、また一部の専用部品は、グリーンマックス・ザ・ストア店頭にて販売される事がある。 ...
  • 調整が難しいが、Oリングという汎用部品を採用していることから、DIY店でも予備部品が買えるため、整備性に優れている。 ...
  • 一方で、放熱器・燃料タンクなどの補機類にはバス用などの自動車用部品・汎用部品を用い、製造コスト削減を図っている。 ...
  • インテルの製品は、もともと電卓用のチップとして開発された4004を原点に、端末機用に機能拡張した8008を経てから、初めて汎用部品を目指していた。 ...
  • 高出力機関を搭載して動力性能を向上し、北海道の一般形気動車で初めて冷房装置を搭載するなど接客設備の改善もなされたほか、ワンマン運転設備の搭載、JR東日本キハ110系をベースとした車体構造、バス用汎用部品の採用など製造コスト削減も考慮された。 ...
  • コパル製縦走りシャッター等汎用部品を使ってコストダウンしつつもニコン基準の品質を守るため開発製造はニコンで行われている。 ...
  • 各構成品が分離されている、あるいは容易に交換できる仕様になっているため、ディスプレイやキーボードを好みの製品を選択できる、さらにはパソコン本体内部の構成部品に到るまで、市販の汎用部品・製品が容易に入手でき、各構成部品・製品の交換や修理、さらにはグレードアップが比較的容易・安価に行えるメリットがある。 ...
  • 少数生産車であるが、汎用部品が多く使われており、エンジン関係や駆動系などの機能部品については入手可能ではあるが、MGローバー破綻後も正規に部品供給を行っていた X-partが日本より撤退しており、旧正規ディラー系整備工場でも部品の入手が難しくなっている。 ...
  • インテルはすでに、初めて汎用部品を狙った8080を発表していたが、八ビットのこのチップでは、オフィスコンピューターを構成するにはあまりに力足らずだった。 ...
  • 一方、台車や変速機・運転台機器等には在来車の廃車発生部品を再利用し、一部の機器にはバス用の汎用部品を用いるなどの策で、製作コストの適正化に留意している。 ...
  • このような大手メーカー製品の部品流用や、バイク、リヤカーなどの汎用部品利用によるコストダウンは、当時多数存在した中小零細メーカー製のオートバイやオート三輪にはよく見られたことである。 ...
  • 次へ