汎用車

17 の例文 (0.00 秒)
  • ただし、ビスタEXは貫通構造のため、汎用車と一体的な運用を行うことがある。
  • 番号は、汎用車との区別のため580000番台に定められた。 ...
  • 本形式ではタキ40000形の基本設計と各種の保安対策を踏襲しつつ、運用制限を課さない汎用車としての再設計がなされた。 ...
  • VAMTACは、スペインのウロベサ社が開発した四輪駆動汎用車。 ...
  • 汎用車をベースに、物資別適合輸送のために積載する物資に適合するよう構造を改めたグループで、新製または汎用車の改造により製作された。 ...
  • 板ガラスのクレーン荷役の便を図るために屋根構造の変更を行なったもので、1967年に後藤工場で汎用車の改造により14両、1969年に新製車として日立製作所で11両の合計25両が製造された。 ...
  • 一時期、「奥琵琶湖定期観光バス」事業を担っていた経緯から、同事業用と通常の路線バス運行を兼用できる汎用車を在籍させていたことがある。 ...
  • ケース入り瓶ビールの輸送用として、1969年および1970年に470両が新製により、1971年から1973年に300両が汎用車の改造により製作されたもので、総数は770両と物資別適合車では最大のグループとなった。 ...
  • キハ66・67形は近郊形と急行形の機能を兼ねる汎用車として製作され、車内設備は戸袋部にロングシートがあるものの転換クロスシートであり、ボックスシートが当然であった当時の急行形車両をしのぐ水準であった。 ...
  • タイプ1の設計をベースとして1950年に発表したキャブオーバー・ワンボックス車の「タイプ2」も、貨客搭載力と乗り心地を両立させた優秀な汎用車として人気を博した。 ...
  • リヤエンジンに低床2方開と、応用車種としてのワンボックスバンという展開は、フォルクスワーゲン・タイプ2に始まるリアエンジンの小型汎用車でのバリエーション展開を踏襲したもので、のちには高床3方開が標準となった。 ...
  • 数年後にはオートバイ輸送が廃止されたため、日本楽器製造のピアノやエレクトーンを出荷する目的に転用され、さらに1981年に専用設備を撤去のうえ汎用車に編入され、側柱省略試作車に続くワム188807 - ワム188818に改番された。 ...
  • thumb|250px|right|東日本大震災時に汚染地域の偵察活動に従事し除染を受ける車両 部隊では、汎用車である1/2tトラックの代わりとしても使用されている。 ...
  • さらに、サッシ露出の一重2段窓やデッキなし構造といった、本州以南向けの汎用車と大差ない仕様のため、冬期の車内保温能力が低く、更には海岸沿いの区間が多い日高本線の路線環境から、鋼板の薄い軽量車体が早期に塩害腐食するなど、短期間のうちに問題点が顕在化し、早期の置き換えを余儀なくされたのである。 ...
  • 積載荷重 40 t の腐食性液体輸送用2軸ボギータンク貨車で、荷重増大に対応しつつ運用制限を課さない汎用車としての用途とも両立させるため、諸制限の限界まで車体各部の軽量化を図った設計で製作された。
  • 北海道の萩野 - 陣屋町間で使用されていたトラ90000形無蓋車を置換えるために、1998年5月から2000年3月にかけて、汎用車の280000番台から90両が改造された製紙用木材チップバラ積輸送専用車である。 ...