汎用護衛艦

21 の例文 (0.00 秒)
  • 続いて開発されたOPS-5は初代あきづき型汎用護衛艦より搭載された。 ...
  • これはその名の通り、汎用護衛艦などで搭載されていた76mmコンパット砲のスケールアップ・モデルとして開発されたものであり、海上自衛隊としては初の採用例であった。 ...
  • 一方海上自衛隊では、汎用護衛艦向けの対空レーダーとしてOPS-14を採用していたが、信頼性や艦隊行動時の性能には問題がなかったものの、単独行動時の対空警戒性能としては不安が残るものであった。 ...
  • 汎用護衛艦は2013年度、2014年度予算であさひ型2隻の建造が認められている。 ...
  • 機動運用が行われる自衛艦隊と異なり、沿岸警備に従事するのは主に旧型の汎用護衛艦及びあぶくま型などの小型の護衛艦や高速航行可能なミサイル艇が中心となる。 ...
  • 艦隊防空にはミサイル護衛艦2隻は必須であり、残る6隻に8機のヘリコプターを搭載するならば、3機を搭載するヘリコプター護衛艦1隻と、各1機を搭載する汎用護衛艦5隻が適切であると考えられ、これをもって8艦8機体制の方針が確立されたのである。 ...
  • 汎用護衛艦では、はつゆき型の昭和54年度計画艦の3番艦「みねゆき」から新造時に装備されるようになっている。 ...
  • これを初代むらさめ型を始めとする初期の海上自衛隊護衛艦の設計上の特徴であったオランダ坂に喩えて、ミニ・オランダ坂とも称するが、この造作はむらさめ型をはじめとする第2世代汎用護衛艦でも踏襲された。 ...
  • この当時、DD級の艦にシーキングを搭載した例は世界になく、安全性の問題が大いに懸念されたが、掃海母艦「はやせ」による実証試験の結果、汎用護衛艦での運用は可能であるという結論に至り、搭載機をHSS-2Bに一本化することが決定された。 ...
  • これは、技術研究本部において昭和50年度より「水上艦用電波探知妨害装置」として開発されていたもので、まず電波探知機能のみが汎用護衛艦向けのNOLR-8として昭和60年度より装備化されたのち、電波妨害機能も備えたNOLQ-2が本型で装備化された。 ...
  • 本型の新戦闘指揮システムの中核となるOYQ-11は、ひゅうが型のOYQ-10を汎用護衛艦向けにカスタマイズしたものと言える。 ...
  • 海上自衛隊の全ての汎用護衛艦は、ヘリコプター格納庫を装備し、哨戒ヘリコプターを1機運用している。
  • また国産によって汎用護衛艦向けのOYQ-5、さらにOYQ-6/7が開発された。 ...
  • また汎用護衛艦向けのOYQ-9においても、イージスシステムに範を取って設計が抜本的に見直されている。 ...
  • 海上自衛隊はみねぐも型のDASH運用設備はアスロック対潜ミサイルに換装、たかつき型護衛艦では後にシースパロー個艦防空ミサイルなどに換装され、汎用護衛艦での航空機の運用ははつゆき型までなされなかった。 ...
  • 各護衛隊群司令は海将補をもって充てられており、各護衛隊群の構成はヘリコプター搭載護衛艦1隻とミサイル護衛艦1隻、汎用護衛艦2隻からなる護衛隊と、ミサイル護衛艦1隻と汎用護衛艦3隻からなる護衛隊の2個護衛隊の8隻、合計32隻の護衛艦が有事に備えている。
  • thumb|OPS-2レーダー 1950年代初頭、日本の海上自衛隊では、はるかぜ型護衛艦への搭載用として、MSA協定に基づく軍事援助計画でAN/SPS-6を入手し、これをもとに国産化したOPS-1を開発して、初代あきづき型汎用護衛艦などに搭載していた。 ...
  • 次へ