汎用特急車両

18 の例文 (0.00 秒)
  • 汎用特急車両での運用は2両を基本としているが、朝晩を中心に編成両数が増加する。 ...
  • 汎用特急車両は幾種類もの系列が在籍するが、どの系列がどの運用につくかは3日程前にならないと確定しない。 ...
  • なお、23000系は車両検査のため汎用特急車両に差し替える場合がある。 ...
  • 汎用特急車両については、運用日直前まで車種および両数が確定しないため一例だけを例示するか割愛した。 ...
  • 汎用特急車両で運用される列車の内、平日早朝の上り1本は10両で運用されている。
  • 汎用特急車両及び30000系で運用される列車は基本的に4両で運用されることが多いが、ラッシュ時や繁忙期には編成両数が増加し、最大10両での運用が行われる。 ...
  • 汎用特急車両のみの運用となっている。 ...
  • 同編成が五位堂検修車庫に入場して修繕を受けていた3か月あまりの間は、一部の乙特急に汎用特急車両が充当された。
  • 近鉄では、22000系の車体更新を皮切りに、2016年以降に保有する汎用特急車両の塗装変更を発表しているため、本形式でも塗装変更の対象とされ、前述のB更新の際に塗装変更が行われた。
  • 汎用特急車両の他、23000系「伊勢志摩ライナー」も投入される。 ...
  • 近鉄では、22000系の車体更新を皮切りに、2016年以降に保有する汎用特急車両の塗装変更を発表しているため、本形式でも塗装変更の対象とされ、前述のB更新と前後して2016年から2018年にかけて塗装変更が行われた。 ...
  • 汎用特急車両のほか、23000系「伊勢志摩ライナー」が投入される列車もある。 ...
  • 近鉄では、22000系の車体更新を皮切りに、2016年以降に保有する汎用特急車両の塗装変更を発表しているため、本形式でも塗装変更の対象とされ、2017年から2018年にかけて塗装変更が行われた。 ...
  • thumb|250px|塗装変更されたリニューアル車 初期車の製造から約23年が経過して車体更新時期に差し掛かったことや折しも2016年以降に近鉄が保有する汎用特急車両の塗装変更が発表されたため、塗装変更と並行する形で本形式のリニューアル工事が2015年11月から高安検修センターで開始された。 ...
  • 汎用特急車両をメインとするが、この系統は京伊特急と京橿特急の西大寺車庫への車両回送を兼ねていることから京伊特急に充当される23000系「伊勢志摩ライナー」が本系統の運用に入る。 ...
  • thumb|left|新塗装の16600系、2017年9月道明寺駅で撮影 2015年に近鉄から一部の汎用特急車両に対する車体塗装変更が発表されたが、本系列では2016年度中に車体塗装の変更を完了した。
  • thumb|200px|ローレル賞受賞プレート 22600系および16600系は、それぞれ22000系・16400系をリファインした車両であり、次世代の汎用特急車両として開発された。