汎用無蓋車

7 の例文 (0.00 秒)
  • 汎用無蓋車として全国で使用されたが、両数が多くないこともあり、目立った存在ではなかった。
  • その後も、汎用無蓋車として全国で使用されたが、1958年度から本格的な廃車が開始された。
  • 本形式は、汎用無蓋車として長く使用され、書類上は1985年度に形式消滅となったが、実際には1977年に実車は消滅していたものと推定される。
  • 本形式は、汎用無蓋車として全国で使用されたが、淘汰は昭和20年代後半から本格的に進んだ。
  • 両形式とも、汎用無蓋車として全国で使用されたが、独特の側板構造は、ばら積み貨物の荷役には便利だったものの、材木等の荷役には不便であったため、以降の無蓋車はすべて総あおり戸方式となった。
  • その後は汎用無蓋車の一員として全国で使用されたが、1958年ごろから廃車が始まり、1968年10月1日国鉄ダイヤ改正では高速化不適格車とされて、補助符号「ロ」と黄色帯を標記のうえ特定線区や北海道内に封じ込められた。