汎用機関銃

全て 名詞
83 の例文 (0.00 秒)
  • 機関銃班で運用する汎用機関銃とは異なり、一人で運用できるように設計されている。 ...
  • 現代軍では汎用機関銃が三脚と二脚どちらでも有効に運用できる機関銃として配備されている。 ...
  • 車載機関銃や艦載機関銃も汎用機関銃の発展型が用いられる事が多くなった。 ...
  • 汎用機関銃は、重機関銃と軽機関銃双方の役目をこなせる機関銃である。 ...
  • 海外の同世代の汎用機関銃、及び自衛隊で使用されていた機関銃との比較を以下に示す。
  • 小銃弾以上の銃弾を使用する軽機関銃を指すことが多いが、汎用機関銃を分隊支援に使用する国も存在し定義は国によって異なる。 ...
  • 以後、陸軍と海兵隊の歩兵部隊のために汎用機関銃として採用され、これらの実績がさらに用途を広げることとなった。 ...
  • MG74は、オーストリアで開発された汎用機関銃である。 ...
  • その後もドイツ陸軍の汎用機関銃として愛用され、その概念は他国の機関銃に大きな影響を与えた。 ...
  • また、PKMに比べ重量は増えているものの汎用機関銃としては比較的軽量な部類である。 ...
  • 一時はフレシェット弾を使用する汎用機関銃といった奇妙な設計も行われたが、最終的に軽機関銃に関する研究はストーナー63に集約された。 ...
  • このため、機関銃の中でも重機関銃や汎用機関銃のようなあまり移動が行われない銃器で多用される。 ...
  • 軽機関銃と重機関銃双方の用途に遜色なく使用できるという意味で、初の汎用機関銃といえるのは第二次世界大戦で使用されたMG34とその後継であるMG42である。 ...
  • 九九式軽機は分隊支援火器的な運用で極めて優秀な性能を発揮したが、生産性の向上や後の汎用機関銃的な運用を目的に、幾つかの後継軽機が試作された。 ...
  • 第二次世界大戦が勃発したころにはドイツ国防軍の主力機関銃の地位はMG34汎用機関銃に取って代わられていたが、MG34の生産と供給が需要に追いつかなかったために一時的に二線級部隊に配備されたケースも見られる。 ...
  • 無表情なマスクと鎧のような装甲服を身に纏い、汎用機関銃を構えた異様な姿の特機隊員たち。 ...
  • 携行可能な機関銃でも重機関銃としての性能を満たせるようになったため、同じような口径の重機関銃は汎用機関銃に吸収された。 ...
  • 次へ