汎用人工知能

全て 名詞
19 の例文 (0.00 秒)
  • 一部の研究者は、超知能が汎用人工知能の開発後まもなく発生する可能性が高いと考えている。 ...
  • 汎用人工知能を判定するためのさまざまな基準が提案されているが、これまでのところ、すべての人を満足させる定義はない。 ...
  • 汎用人工知能は人間のように学習し言葉や物事を理解する能力のある架空の 機械知能。 ...
  • 友好的な人工知能とは、人間に悪い影響ではなく良い影響を与えると考えられる仮定の汎用人工知能のことを指す。 ...
  • 汎用人工知能とは人間レベルの知能の実現を目指したもので、他のAIプロジェクトと区別するためにAGIと呼ばれている。 ...
  • 汎用人工知能の研究者であるベン・ゲーツェル は、現在の人間の知識では友好的なAIを作成することはできないと考える。 ...
  • その勢いは現在も加速的に増大し続けおり、人間の脳機能の解明が急速に進められると共に、人間の知性を機械的に実現する汎用人工知能の開発も現実的な目標として掲げられている。 ...
  • 汎用人工知能ではなくポストヒューマンが登場するシナリオを辿った場合は、人類が自分自身の肉体を技術的に改造し、次なる人類の進化のステージに移行する瞬間としても捉えられる。 ...
  • 従って、少なくとも2010年代後半からは、汎用人工知能の開発を介して、実際に技術的特異点を発生させるための国際的な競争が開始されていると言える。 ...
  • 同様に、研究室レベルでは汎用人工知能が実現できたとしても、経済合理性の観点から社会に普及せず、特異点をもたらすために必要な超越的知性の総量が不足する可能性がある。 ...
  • 哲学者デイヴィッド・チャーマーズは、 汎用人工知能が超知能実現への経路となる可能性が極めて高いと主張している。 ...
  • その後、神経科学と機械学習を統合する手法で人間の脳が持つ汎用的な思考能力を再現する、汎用人工知能の開発競争が起きた。 ...
  • ウォズニアック・テストとは、スティーブ・ウォズニアックによって考案された、ある機械が汎用人工知能であるかを判定するためのテスト。
  • 「汎用人工知能」という用語は、早くも1997年にMarkGubrudによって使用されました。 ...
  • 一般人からは未だに誤解されていることが多いが、2045年は「汎用人工知能が人類史上初めて出現する年」あるいは「汎用人工知能が人類史上初めて人間よりも賢くなる年」ではない。 ...
  • 技術的特異点は、汎用人工知能、あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび自律的に作動する優れた機械的知性が創造されると、再帰的に機械的知性のバージョンアップが繰り返され、人間の想像力がおよばないほどに優秀な知性が誕生するという仮説である。 ...
  • 汎用人工知能の実現までの前段階として、2015年から5 - 10年以内に、世界のAI科学者が目標とする1Hを遥かに超え、6リットルに世界の人口に相当する73億人の人間の脳に匹敵する集積回路を収める「6リットルに73億人」を目標としている。 ...