汎用ロジックic

全て 名詞
35 の例文 (0.00 秒)
  • 抵抗器の接続により容易に実現可能であるほか、専用の汎用ロジックICもある。 ...
  • よく使われているものに汎用ロジックICの74LSシリーズなど。 ...
  • これは単独のパッケージに組み込んだ汎用ロジックICのシリーズ中の製品もある。 ...
  • 汎用ロジックICの多くなど、現在使われている多くの論理回路は静的である。 ...
  • 以下の代表的なデジタル回路については、それぞれの項目に詳細な説明があり汎用ロジックICにこれらの製品に関する説明がある。 ...
  • 主要LSI以外は全てTTLの汎用ロジックICを使用している。 ...
  • 汎用ロジックICの一群として、CMOSで実装されたICのシリーズがある。 ...
  • 汎用ロジックICシリーズにおいて、最も基本的な製品群として大量生産されたのは、完全性という論理的な理由よりも、実装の容易さ等による面が大きい。 ...
  • 電子部品における一例を上げると、汎用ロジックICにおいて一般用の74シリーズの他に54シリーズという軍用のシリーズがあるが、多くの業務用機器では一般用が使われている。 ...
  • 現在ではこれらの汎用ロジックICはチップセット等の高集積製品に統合され、単体で使用される場面が減るのに伴ってセカンドソースも姿を消しつつある。 ...
  • 汎用ロジックICは、電源電圧や入出力インターフェースを統一した製品群として開発されている。 ...
  • 汎用ロジックICのシリーズは、米テキサス・インスツルメンツ社が開発したTTLのと米RCA社が開発したCMOSのおよび米モトローラ社が4000シリーズを独自に拡張したが有名である。 ...
  • プラスチックのものはP-DIPとも表記されることがあり、汎用ロジックICなど多様なICに使われている。 ...
  • CPLDは、それ以前に普及していたより小さな規模のPLAやPALといったデバイスから進歩してきたものであり、PLAやPALは、プログラム機能を提供せずいくつかの汎用ロジックICをワイヤで接続することによってプログラムする方法から進歩してきた。 ...
  • 以下は74シリーズ汎用ロジックICのマルチプレクサである。 ...
  • 汎用ロジックICとは、様々な論理回路に共通して必要とされる個々の機能を1つの小型パッケージにまとめた小規模な集積回路である。
  • DTLの改良品であり、さまざまなメーカーによってICが製造されているが、1970年代にテキサス・インスツルメンツ社の汎用ロジックICファミリが広く普及して業界標準となった。 ...
  • 次へ