汎用レジスタ

64 の例文 (0.00 秒)
  • 汎用レジスタを使う際のハードウェア上の制限はこれだけである。 ...
  • 特徴的な機能の一つとして汎用レジスタは全てチップ外のメモリに保持されるということが挙げられる。 ...
  • 汎用レジスタのデータはニブル単位でアクセスすることができる。 ...
  • 汎用レジスタの増加と64ビット化に伴い、命令セットは完全に再定義されている。 ...
  • RISC系プロセッサでは全ての汎用レジスタが同等の機能を有している事が多い。 ...
  • どちらでもない汎用レジスタはマージナルレジスタと呼ばれる。 ...
  • さらに汎用レジスタならば追加の記憶領域はゼロであり、送信時間もゼロである。 ...
  • 今日、多くの命令セットは汎用レジスタモデルに基づいている。 ...
  • しかし、同時に多数の汎用レジスタを備えるという考え方も採用していたため、プログラミングの自由度が向上し、性能問題はそれである程度カバーされるようになっていた。 ...
  • 任意の汎用レジスタに適用できる8種類のアドレッシングモードを下表に示す。 ...
  • ハードウェアアーキテクチャ上、汎用レジスタの使用に次のような制約がある。 ...
  • 乗除算の結果は直接汎用レジスタには入らず、専用のレジスタに出力されるため、それを汎用レジスタに持ってくる命令も追加された。 ...
  • 各PEには6個の汎用レジスタがあり、別途用意した特別なレジスタを周りの8個のPEと共有することができる。 ...
  • 基本構成で26本の汎用レジスタを持ち、最大99本の汎用レジスタを持つことができる。 ...
  • また、8086が、8080との互換性を重視した結果、汎用レジスタの不足や実行速度の低下に苦しんだ事に対して、十分な数のレジスタと、当時としては先進的な内部設計のため、実行速度の面では8086に対して優位に立っていた。 ...
  • あるいは、コンパイラの呼出規約によって特定の汎用レジスタをコールスタック処理に使う場合もある。 ...
  • 初代68000のように、データレジスタとアドレスレジスタを分けている例もあるが、ほとんどのプロセッサは汎用レジスタを持っている。 ...
  • 次へ