汎用プロセッサ

35 の例文 (0.00 秒)
  • 汎用プロセッサよりずっと低価格だが、毎年数十億個が販売されている。 ...
  • 現在の汎用プロセッサ内部の処理機構がスーパースカラ機構などにより既に高度に高速処理への最適化がなされている。 ...
  • 汎用プロセッサとの違いは、以下のような点である。 ...
  • SIMD実行ユニットは1990後半から汎用プロセッサで採用されている。 ...
  • 汎用プロセッサは一般に整数レジスタだけがポインタ値を格納できる。 ...
  • 専用チップやPROM、汎用プロセッサを使ったROMの復号が行われている。 ...
  • 当時の汎用プロセッサ処理速度の向上手法のままでは、汎用プロセッサのダイ温度が非現実的なまでに高温となり、冷却機構の物理的な限界から性能向上が頭打ちになることもまた予想された。 ...
  • 同時期にやはり8080の上位互換で、より多機能なZ80が存在したため、8085が汎用プロセッサとしてパソコンに搭載された例は少ない。 ...
  • 汎用プロセッサの中には他のコアを停止する代わりに1つのコアだけ供給電圧やクロックを高めてシングルコアでの処理性能を高める技術も導入が予定されている。 ...
  • 従って、同程度のトランジスタ個数の汎用プロセッサと比較した場合、条件分岐等の処理では効率が悪化するが、信号を構成するサンプルデータは高効率で処理する事が可能になる。 ...
  • 汎用プロセッサに比べ、価格性能比が非常に高くまた消費電力が小さいという利点によって、特に2005年以降動きが活発になってきている。 ...
  • これらの高速処理に欠かせない汎用プロセッサの回路は、それぞれがほんの少しだけ処理の高速化に貢献している回路であり、これ以上同様の付加回路を汎用プロセッサに追加してもそれほどの処理の高速化には貢献しないと予測される。 ...
  • DSPは典型的な汎用プロセッサに見られる多種多様な機能の内の幾つかを除外し、新たに高速乗算器、積和演算器を搭載している。 ...
  • 汎用プロセッサは制御部のタスクで良い性能を発揮するが、最も強力な汎用プロセッサでも、リアルタイムの高画質ビデオエンコーディングのようなメディア処理関連のタスクには、十分に強力であるとはいえない。 ...
  • また汎用コンピュータ用の汎用プロセッサの他、用途に特化した設計のプロセッサもLSI化されており、それらも広義にはマイクロプロセッサに含まれると言える。 ...
  • 将来の汎用プロセッサは、製造プロセスの微細化によるリーク電流の増加や、処理能力向上を目的とした動作クロックの高速化によって、消費電力がますます増大していくことが予想された。 ...
  • 一部の低消費電力の組み込み向けプロセッサを除いて、1998年以降に開発された汎用プロセッサは基本的に全てスーパースカラーである。 ...
  • 次へ