汎用フリゲート

21 の例文 (0.00 秒)
  • FREMM計画とは、フランスとイタリアが共同で行う汎用フリゲート開発計画である。 ...
  • 当時、イギリス海軍でも同様の汎用フリゲートを計画していたことから、共同開発が志向されるようになった。 ...
  • オーストラリア海軍では、1960年代中盤より汎用フリゲートの計画を進めていた。 ...
  • しかし当時、アメリカ海軍のチャールズ・F・アダムズ級ミサイル駆逐艦のオーストラリア版として建造・配備が進められていたパース級駆逐艦が好評であったことから、汎用フリゲートでもアメリカ製の設計を導入することが検討されるようになった。 ...
  • これらの新装備は、1980年代後半より旅大型駆逐艦への搭載が開始され、1990年代初頭には、初の汎用フリゲートとして江衛型フリゲートの整備が開始され、中国海軍は個艦防空能力を得た。 ...
  • インド海軍では1992年から1993年にかけて、CODOG主機関を備えるとともに最新技術を導入した汎用フリゲートを計画していた。 ...
  • 当初構想のTASS曳航艦から実用に適した汎用フリゲートへの発展を遂げる過程で、フォークランド紛争の戦訓も反映し、1983年の設計改正によって個艦防空ミサイル・システムの搭載が決定された。 ...
  • 同作業部会での検討は多岐に渡ったが、水上戦闘艦に関しては、大型の嚮導駆逐艦のかわりに小型のミサイル駆逐艦の建造が勧告されるとともに、艦隊の基幹兵力として汎用フリゲートの建造が提言された。 ...
  • SJD-7は新しい汎用フリゲートである江衛-II型フリゲートに搭載されたほか、ナレースワン級フリゲートに搭載されてタイにも輸出された。 ...
  • 当時、オーストラリア海軍では汎用フリゲートの計画が進められており、FFWPの構想するフリゲートと要求事項が近かったことから、共同開発が志向されるようになった。 ...
  • 艦載型は、Mk 41垂直発射システムに適合するように折り畳み式の尾部を備えており、中華民国の次世代汎用フリゲートや防衛駆逐艦に配備されるほか、既存の艦船に後付けする可能性もあるとしている。 ...
  • 本級は、多くの面で、中国海軍の第1世代汎用フリゲートであった053H3型フリゲートの近代化改良型であり、搭載する装備の多くが踏襲されている。 ...
  • 汎用フリゲートとして、要求仕様に艦隊防空能力が盛り込まれなかった一方、対水上・対潜戦への対応が重視されており、同国のコングスベルグ社によるMSI-2005F対水上・対潜戦システムを統合して開発された。 ...
  • これらのフリゲートは、中国海軍のフリゲートとしてはじめて、NATO諸国の汎用フリゲートに比肩しうる、バランスのとれた装備を施している。 ...
  • 汎用フリゲートとも呼ばれる。 ...
  • F-22P型はおおむね、中国人民解放軍海軍の第1世代汎用フリゲートであった053H3型フリゲートの近代化改良型であるとされている。 ...
  • ブレーメン級フリゲートは、西ドイツ海軍および統一ドイツ海軍の汎用フリゲートの艦級。
  • 次へ