永らく

全て 副詞
485 の用例 (0.00 秒)
  • 永らく自然消滅状態だったが、2006年1月に突如復活し支持者を驚かせた。
  • おれも黄風嶺以来、永らく鉄棒を使わなかったので、腕がむずむずしていたんだ。 呉承恩/檀一雄訳『西遊記(上)』より引用
  • これは永らく破られず、現在でも枠番連勝式としては全公営競技史上最高となっている。
  • この人は永らく獄中の経験があったために、暗いところで物を視るの力が人並以上なのであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私はあの方にずいぶん永らく御奉公しております。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • 準備してから、よほど永らく放置されていたのだろう。 虚淵玄『鬼哭街』より引用
  • 冷却ガスはNEO第5弾まで永らく冷気属性攻撃最強の必殺技であった。
  • どうも早や、おれも永らく身世漂浪しんせいひょうろうの体じゃ、今まで何をして来たともわからぬ、これからどうなることともわからぬ。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 永らく制作してきたHaloシリーズと決別することとなる。
  • 監督は永らく主演の米倉とタッグを組んで映画やドラマを作っている松田秀知が起用されている。
  • 和風庭園にある1930年頃築の西洋館は永らくキリスト教の教会として使用されていた。
  • 私御当家に永らく執事をつとめております笹田仁蔵と申しますものでございます。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • これに合わせて「ペヨーテの歌」が歌われるが、これは永らく男だけに許されてきた。
  • お互いの星は永らく関係を絶っており、その存在自体が御伽噺のようになってしまっている部分がある。
  • また新北区からは永らく1種のみが知られていたが、2006年に新しい1種が記載された。
  • 発達した肛門腺が女性器と見間違えられ、永らく両性具有と信じられてきた。
  • 主要国際機関のチーフ・エコノミストとして永らく国際舞台で活躍した日本人は重原のほかにはいない。
  • この論文は永らく等閑視されていたが、今日ではドイツの反ユダヤ主義の歴史における1つの事件と位置付けられている。
  • まつたく、そんなに永らく異端の地で暮したものに、珍らしい話のない筈はない! 平井肇『ディカーニカ近郷夜話 後篇』より引用
  • 後にユダヤ系という理由でナチスの弾圧を避けるために英国に亡命した後、指揮者として永らく活動した。
  • 次へ »

永らく の使われ方