永らく日本

5 の用例 (0.00 秒)
  • 武士は遠く平安時代の末期に発生したと言われていますが、永らく日本の歴史の推進役でありました。
  • 永らく日本英文学界の長老として斯界に重きを成していた。
  • 代表49得点は2004年に澤穂希に抜かされるまで永らく日本女子の歴代トップの成績であった。
  • また、永らく日本の政治・文化の中心地であったので、宮殿や豪族の邸宅などがたちならび、帰化系の人々も段々と付近に居住するようになり、なかでものちに有力氏族に成長した阿智使主を氏祖とする東漢氏がはやくから飛鳥にちかい檜隈に居をかまえていた。
  • 永らく日本の鉄道コンテナは積み替え先の一般道の車両重量制限により国際規格の40ftもの長尺を必要とせず31ftが上限の独自規格となっており、かつ、建築限界のため二段積みもできないので、寸法、重量的に連接台車と相性が良くない。