氷雨

全て 名詞
236 の例文 (0.00 秒)
  • 氷雨のような冷たい雨の中を走り続けるうち、おれの眼はかすんできた。 ...
  • われわれは篠つく氷雨のなかで、今後の行動を検討する会議を開いた。 ...
  • ヒサメの孫は彼女の左腕の力を継承し、その孫、その次もまた同じだった。 ...
  • なお霧のように吹きつける氷雨ひさめの中に平気で立って、二人は話した。 ...
  • まだ冬というわけではないのに、氷雨ひさめに似た冷たい雨が降りそそいでいる。 ...
  • 秋は足早に去り、圧石おもしを置いた板屋根を、氷雨ひさめが打つ日がつづいていた。 ...
  • 南の海上を通る低気圧のため、夜になって氷雨のようなものが降った。 ...
  • そこで山の神が大氷雨だいひよううを降らしてヤマトタケルの命を打ち惑わしました。 ...
  • 長坂を過ぎたあたりから、空は灰色になり細かな氷雨が降り始めた。 ...
  • その日、昭和天皇大葬の日の東京は朝からみぞれまじりの氷雨が降っていた。 ...
  • 山の湖へ釣りにでかけて氷雨でも降ろうものなら幽鬼なみの蒼白になる。 ...
  • 冬の最初の氷雨が、六都市大同盟軍の頭上に落ちかかってきた。 ...
  • 多くの地域では雪や雨よりも冷たい雨や氷雨の方が多い。 ...
  • 村上は最小限の答えをし、検察官の背後の窓をらす氷雨を見つめていた。 ...
  • 午後の三時には、ダーニクとトスの予想どおり、雪に氷雨がまじりだした。 ...
  • 氷雨ひさめという銘のあるのを愛し、庭でよく振っていたという。 ...
  • そしてそれが知らない間に氷雨になっていた。 ...
  • 次へ