氷炭相容れないもの

4 の用例 (0.00 秒)
  • まして世界の人間が常識的に持っている空間や時間の観念とは、完全に氷炭相容れないものだろう。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 二つは氷炭相容れないものだが、併しそのどちらかに態度を決定しなければならないというのが、現代青年の宿命なのである。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • 観念論的歴史方法論が、歴史記述を自然科学的研究法と氷炭相容れないものであるかのように対立させたがるのも、だから必ずしも理由のないことではなかったので、ただこの仕方の根本的なナンセンスは、社会科学的分析を抜きにして、なお且つ歴史的記述をなし得るかのように考えた点に横たわっていたのである。 戸坂潤『思想としての文学』より引用
  • この気質のために多くの人は幸福を味わったであろうが、わたしの場合は、尊大に構えて人前に尋常じんじょう以上の威厳いげんをとりつくろっていたいというわたしの傲慢ごうまんな欲望とこの気質とは、氷炭相容あいいれないものであった。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用