水車館の殺人

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 「新本格」という言葉は、綾辻行人の第2作『水車館の殺人』の帯から使われ始め、同系統の新人ミステリ作家の作品に使用された講談社のコピーであったが、次第に東京創元社など他社からデビューした作家にも使用されるようになり、ジャンルのように定着した。 ...
  • 主な作品に『緋色の囁き』『暗闇の囁き』『黄昏の囁き』などの〝囁きシリーズ〟、『水車館の殺人』『迷路館の殺人』などの〝館シリーズ〟がある。