水素吸蔵合金

40 の用例 (0.00 秒)
  • 現在知られている水素吸蔵合金は以下のようなものである。
  • いずれも水素吸蔵合金をはじめとする水素エネルギーや磁性材料分野の発展に大きく貢献している。
  • 自分の体積の935倍もの水素を吸収するため、水素吸蔵合金として利用される。
  • 水素吸蔵合金の原理は固溶現象と化学的結合の二つに大別される。
  • 水素吸蔵合金に水素を吸収、放出する時に発熱、吸熱する現象を利用する。
  • 車内の内張りには水素吸蔵合金が封入されているが、これは中性子爆弾対策だと考えられている。
  • 水素吸蔵合金中で、水素は結晶構造にならい規則的に配置される。
  • 一部の水素吸蔵合金では、吸収・放出サイクルによって微粉化する現象が見られる。
  • このため、容易かつ可逆的に水素を吸収・放出することが出来、水素吸蔵合金に利用される。
  • 水素吸蔵合金をはじめとした水素エネルギーに関する研究や超磁性材料の研究において、多くの業績を有する。
  • 特に水素吸蔵合金の研究では世界的にも著名で、国際水素エネルギー協会副会長・理事・顧問、日本水素エネルギー協会評議員を務める。
  • この方式では高価な水素吸蔵合金を用いなくてもよいが、メタノールの分解過程で排気ガスが発生するため、排出処理が必要となる。
  • 水素吸蔵合金を利用した「水素いちご栽培」の実現により、四季を通した連続栽培が可能になりつつある。
  • 水素吸蔵合金とは、このような性質を合金化によって最適化し、水素を吸わせることを目的として開発された合金のこと。
  • そのため、燃料となる水素を圧縮する・水素吸蔵合金に蓄える、などの手法を採る必要があるが、いずれも耐久性・安全性が十分でない。
  • 広義の吸蔵は吸収または吸着によるものを含み、例えば水素吸蔵合金などは吸収によるものである。
  • 水素を貯蔵する物質には金属類である水素吸蔵合金と、無機・有機物質が提案されており、いずれも水素化物を作り効率的に水素を捕まえることが出来る。
  • 愛媛県西条市に水素エネルギーシステムを導入し、産業排熱と水素吸蔵合金を利用した水素冷凍技術を利用した冷水製造システムを農業、水産業に適用できることを実証している。
  • 彼は現在の水素吸蔵合金の基礎となっているマグネシウム基合金やバナジウム基合金が水素吸蔵放出を行うこと、さらに合金組成を制御することでその特性が変わることを実験により証明した。
  • なお、水素吸蔵合金は水素を放出する際に吸熱反応を生じるため、燃料電池の排熱利用でボンベを暖める機構が設けられるなどの工夫がなされている。
  • 次へ »