気配が漂う

27 の例文 (0.00 秒)
  • 好きな相手に会うのならば、もう少し楽しげな気配が漂うのではないか。 ...
  • 片手を額に押し当て、まわりをうかがうような困惑の気配が漂っている。 ...
  • 私たちは賭けているので、なにか曖昧あいまいな気配が漂ってしまうに違いない。 ...
  • もうここでは秋が色濃く、暁方あけがたはすでに初冬の気配がただよいはじめていた。 ...
  • ただ、尖った顎や目のまわりの薄い隈に、妙にやつれたような気配が漂う。 ...
  • 男には父親同様の、いかにも律儀そうな気配が漂っていたからかも知れない。 ...
  • 道端を歩いている生徒たちの後ろ姿には、既に終わりの気配が漂っていた。 ...
  • 検査室は地下にもあって、そこはさらに薄暗く、陰惨な気配が漂っている。 ...
  • 古本市にはすっかりお祭りの終わりの気配が漂い始めています。 ...
  • あたりは鬱蒼うつそうとした常緑樹に囲まれて、もう夜の気配が漂っている。 ...
  • その口調には同情とともに、どこかさげすむような気配が漂っている。 ...
  • ふたりとは反対側の、鬱蒼と葉を茂らせる林から浪厚な気配が漂ってきた。 ...
  • 今は志乃の肉体から「カゲヌシ」独特の気配けはいただよっているのを感じる。 ...
  • 書き物机に写真を取りに行く夫人の後姿には、あきらめの気配が漂っていた。 ...
  • ふとんの中から熟れたような男女の気配が漂ってきた。 ...
  • それほど男たちの間には、ただならぬ気配が漂っていたからだ。 ...
  • 空気は冷たいけれど、吉野の山にはどことなくおだやかな気配がただよっている。 ...
  • 次へ