気軽に話せる

14 の例文 (0.00 秒)
  • 困るので、できればもう少し気軽に話せるようにならなくては。 ...
  • 友達であるとか気軽に話せる相手であるとか。 ...
  • それらの出来事を通してその距離は少しずつ縮まってきており、播磨の苦手意識も解消されつつあり、友人の中では比較的気軽に話せる状態になっている。 ...
  • ぼくにとってはうかつに口もきけないキリー小隊長だって、彼女にしてみれば気軽に話せるはずなのだ。
  • 誰とでも気軽に話せる拓也は、少し人見知りをするところのある美由紀の心もすぐにほぐしてくれた。 ...
  • どちらにしてももうすぐ幼稚園なんだし、今の保育園にはあかりも慣れている、気軽に話せる母親たちもいる。 ...
  • 悩みの内容も、初対面の相手でも世間話のように気軽に話せるものか、それほど親しくないからこそ相談できる内容であることが多い。 ...
  • 「そりゃあね、そう簡単に、気軽に話せるようなものでないことくらいはわかってますけれど」と、頼子は先回りしたように言った。 ...
  • 広島県に移住して10年以上経過した原作者のこみちまいは、それまで普通のホームコメディ風の漫画を描いていたが、担当編集者から料理漫画かご当地漫画のどちらかを描くように言われ、周囲には家族以外に気軽に話せるような知り合いも居らず、切羽詰まっていたこともあり、思わず選んだのがご当地漫画だった。 ...
  • 文藝春秋の清張担当者であった藤井康栄によれば、清張の大ファンと言う池田とも、自宅が当時清張宅のすぐ近くにあった宮本とも、ごく気軽に話せる関係であり、創共協定は偶然の重なりによるものであるという。 ...
  • 家族からも見放され、気軽に話せる友達もおらず、孤立してしまった五月は、様々な所を勝手に訪ねて世話を焼こうとするが全て裏目に出てしまい、勇には「余計なことはするな」と釘を刺される始末。 ...
  • でも気軽に話せるのはいい。 ...
  • 帰国子女でもあり周囲に馴染めず、気軽に話せる人間は同級生だが不良でダブリの恩田比呂志と、熱心に部活の勧誘をしてくる笹木音望子のみ。 ...