気軽に話しかけ

22 の用例 (0.00 秒)
  • 鹿はおれとの間に何の問題も存在していないかのように気軽に話しかけてくる。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • アルクェイドはまるで何も起きていなかったみたいに、気軽に話しかけてきた。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • だから気軽に話しかけられるはずじゃないかというと、決してそういうわけではないのだ。 乙一『死にぞこないの青』より引用
  • 多くの人が私に、この種の率直な質問を気軽に話しかけてくる。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • とにかく気軽に話しかけたりすることはできないし、向こうもそれをあまり望んでいないのが現実だった。 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』より引用
  • 片山はフロントでも顔馴染かおなじみとみえ、制服の若い女性に気軽に話しかけた。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • 当たり前のように気軽に話しかけてきたのは、美形の青年だった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス05 エモーショナル・ハウル』より引用
  • その姿は妹というより見知らぬお嬢さまといった感じで、気軽に話しかけられる雰囲気じゃない。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • こっちから気軽に話しかけ得る雰囲気ふんいきでもない。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 「おはようございます」彼はきびきびした口調で気軽に話しかけた。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 赤ちゃんといると、知らない人が気軽に話しかけて来る。 北川悦吏子『おんぶにだっこ』より引用
  • 運転手が気軽に話しかけて来た。 半村良『獣人伝説』より引用
  • 気軽に話しかける者、酒にさそう者も出て来たし、仕事のことで文四郎をへだてたりする者もいなかった。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 近所のスーパーなどで出会うと、気軽に話しかけてきて、弓子の荷物が多いと、途中まで持ってくれたりした。 森村誠一『ファミリー』より引用
  • 彼女を除けば、修子はむしろ男性社員とのほうが話し易いし、彼等も気軽に話しかけてくれる。 渡辺淳一『メトレス 愛人』より引用
  • 上条は気軽に話しかけたのだが、ルチアとアンジェレネは顔を赤くすると、だまって顔を横に向けた、あれ? 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • この時、吉継が口をつけた茶碗は誰もが嫌い、後の者たちは病気の感染を恐れて飲むふりをするだけであったが、石田三成だけ普段と変わりなくその茶を飲み、気軽に話しかけてきたという伝承が今に伝わっている。
  • 性格はマイペースで誰とでも気軽に話しかける。
  • ギャルは、御前山に同世代の親しみを覚え、気軽に話しかけた。 もりたなるお『土俵に棲む鬼 相撲小説集』より引用
  • 江戸から引いてきたアラビヤ馬にまたがった小栗は、道の途中で村人たちに気軽に話しかけ、よくいわれるとっつきの悪い剛直な印象はなかった。 星亮一『最後の幕臣 小栗上野介』より引用
  • 次へ »