気軽に言う

20 の用例 (0.00 秒)
  • 吉田定房は気軽に言うと、二人の待っているところへ来て改めて話を聞いた。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 恭子があまり気軽に言ったので、雄大ははずみで頷いてしまって慌てた。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • わたしはかなり感動していたのだけれど、だからこそ気軽に言った。 橋本紡『彩乃ちゃんのお告げ』より引用
  • かなめが気軽に言うと、恵里はすこしの沈黙ちんもくのあと、いきなりなみだぐんだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集03 自慢にならない三冠王?』より引用
  • そしたら彼は、さしつかえなければ会社で待つよ、と気軽に言ったんです。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • とはいえ、今の段階で敏夫はそれを気軽に言ってやれるだろうか。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • ハイアは気軽に言っていたが強さがどうなんて関係ない。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス06 レッド・ノクターン』より引用
  • 気軽に言ったお父さんは、立ち上がると、体についた草切れを手で払った。 橋本紡『彩乃ちゃんのお告げ』より引用
  • こういった気持ちは同じ境遇なので確かに判るがそれだけで彼女の気持ちが判るなどと気軽に言っていいはずが無い。 奈須きのこ『歌月十夜 32 氷結の夢』より引用
  • いいですよ、と気軽に言ってくれたら、男は気持ちよく飛び出して行けるのに。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • 医師は気軽に言って、歩いて行ってしまった。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • 出すぎた質問かと思ったが、弥生は気軽に言った。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • 竜憲は気軽に言うが、何も信じない人間との間にある深い溝は、まず埋めることのできないものだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 三河屋はいつものように、気軽に言うと、かたごしに小さく手をふると店から出て行った。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • すっかり冷めてしまった食べかけのパイをようやく口に入れながら、ロンは気軽に言った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • と、気軽に言ったが、室野は必死で思いとどまるように説得した。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • うっかり気軽に言った一言であるにしろ、ただ男であるという理由だけで、これほど悪要素の詰まっている言葉を吐いていいものか疑問です。 沖藤典子『女が会社へ行きたくない朝』より引用
  • 高志は気軽に言ったが、洋子は本気で〈熊を飼っておりますの〉と言うシーンを想像しているらしい。 姫野カオルコ『変奏曲』より引用
  • 巻川刑事が気軽に言った。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 警備員は気軽に言って、邦子に近づいてきた。 桐野夏生『OUT(下)』より引用